スポーツ

“壱岐の逸ノ城”誕生 霞翠わんぱく相撲

霞翠相撲(横綱決戦。前田(左)さんを右からの投げで崩す永井さん) 霞翠小学校(豊島主博校長、96人)の「わんぱくすもう大会」(翠の会・地域実践部など主催)が9月22日、同小の相撲場で行われ、同小全児童と霞翠幼稚園児30人が出場。紅白に分かれて対戦し、元気いっぱいの取組を見せた。
同大会は1962年から続く伝統行事で、今年で53回目。2005年からは地域で子どもたちの成長を見守る翠の会(現会長は豊坂守さん)が主催となり、学校のスローガンである「タフに育て・霞翠っ子」を目標に、地域を挙げて取り組んでいる。
取組は5・6年生の男女団体戦、霞翠幼稚園団体戦、個人勝ち抜き戦は1・2年生、中学年男女、高学年男女のカテゴリーで実施。取組前には赤組・前田昇さん(6年)、白組・永井悠麿さん(6年)の両横綱による堂々たる土俵入りが披露され、観客からは四股のたびに「よいしょ!!」の掛け声が飛んだ。
男子団体戦ではその横綱同士の対戦が実現。体格で勝る永井さんが右からの首投げ、さらに巻き替えて下手投げで相手を崩そうとするが、前田さんも足を掛けて必死にこらえる力の入る大一番。最後は永井さんが体重をかけて浴びせ倒しで勝負を決めた。
恵まれた体格で“壱岐の逸ノ城”のような永井さんは「練習では勝っていたいたけれど、本番は何があるか分からないので、勝ててホッとしています。中学生になってもみんなと相撲を続けていきたいです。体重?70㌔くらいですかね」と体重の質問には恥ずかしそうにしながらも、満面の笑みを見せた。

関連記事

  1. 虹の原特別支援学校 壱岐分校が開校
  2. 議会でタブレット活用 ユーストリーム配信も
  3. 夢はなでしこジャパン 山尾彩香さん(芦辺小)が県代表入り 壱岐少…
  4. 9日に1000人決起大会 国境離島新法制定を後押し
  5. ソメイヨシノが満開
  6. 一対の河童石像が完成 湯本・伏見稲荷神社
  7. 4会場で敬老会 70歳以上7598人
  8. 国体を盛り上げよう 壱岐を元気にする会

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP