歴史・自然

一部白化も新たな個体確認 環境省サンゴ礁を調査


長期的視点で生態系の変化を観察する「モニタリングサイト1000」のサンゴ礁調査が25日、本市海域で行われた。
国内の生態系の変化を観察し、生物多様性保全施策に活用することを目的に環境省生物多様性センターが毎年実施しており、高山帯や森林、沿岸域など約千地点で生態系を調査している。
壱岐・対馬海域のサンゴ礁は世界最北限に位置し、壱岐海域には球体状の塊を形成するキクメイシ属を中心に約30種類のサンゴが確認されている。本市では2004年からサンゴ礁の同調査が行われており、黒崎半島の一部と半城湾内の板浦と神瀬の3か所で調査区が設定されている。新型コロナウイルス感染症の感染予防のため、一昨年から中止され、今年は3年ぶり。
調査には環境省から事業を受託した一般財団法人自然環境研究センターの北野裕子研究員(38)ら2人が来島。各調査地点で海に入り、キクメイシやエダミドリイシなどのサンゴの量(被度)や白化の状況を観察した。
北野研究員らによると、一部白化が見られたが、台風の影響による大きな破壊もなかったという。また、小さいサンゴが点々と見られ、新たな個体の生息も確認された。また、調査に併せて一部海域では海底に沈んだゴミも回収した。
詳細な調査結果は年度内にまとめられ、その後公表される予定。

関連記事

  1. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示…
  2. 美しい海を目指して 壱岐高生徒がアイデアコンで発表
  3. 半城湾の陸上いけすにサンゴ 未解明の産卵示す裏付けか
  4. 国内3例目の鉄の轡 久保頭古墳から発見
  5. 豊作願いアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  6. やっぱりいた! 谷江川にアユ
  7. 壱岐大大神楽厳粛に 住吉神社で奉納
  8. 山崎近くで羽休め 北帰行のマナヅル 寒気影響?例年より遅い渡来

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP