政治・経済

民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

住民の相談に応じ地域福祉のために活動する本市の民生委員・児童委員への委嘱状等伝達式が1日、壱岐の島ホールで行われた。委嘱を受けたのは95地区のうち90人で、新任28人、再任62人。このうち8人は主任児童委員を委嘱された。任期は12月1日から3年。
式では白川博一市長が「地域の人たちの生活状況を的確に把握し、福祉の窓口の役割を果たしていくのは、地域住民について熟知されている皆さんにしかできないこと。核家族化、コミュニティ意識の希薄化で問題が潜在化、複雑化している。誰一人取り残さない地域づくりのために、今後もご支援をお願いしたい」と挨拶した。
6年以上務め、今回の改選で退任する25人には厚生労働大臣感謝状が、同3年以上の27人には県知事記念品が贈られた。
28年11か月の在任で退任した山口邦子さん(79)は「50歳の時に委嘱され、懸命に務めてきた。いまは『やっと解放された』という思いが強い。警察や病院に泊まり込んだり、大変な任務だった。老人福祉施設に引き渡さなければならない時に、誤解から恨まれることもあった。だがその後、その人を施設に訪ねた時に『いまは幸せですよ』と感謝されたことが忘れられない。この委員を務めてきて良かったと思えた瞬間だった」と振り返った。
【表彰者】▽全国社会福祉協議会会長表彰 作田佐惠子▽全国民生委員児童委員連合会会長表彰 (20年以上)小畑孝昭、百田正利、後藤須々美、西寛(10年以上)目良君枝、山内義夫▽九州社会福祉協議会連合会長表彰・長崎県社会福祉協議会会長表彰 島永利助、初川睦子、長嶋惠子

関連記事

  1. 燃油調整金が一気に2.7倍へ 博多片道高速船1440円加算 8~…
  2. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  3. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  4. 「壱州人辞典」冊子に 協力隊藤木さんらがお披露目
  5. 平均価格8年ぶりに60万円割れ 壱岐家畜市場10月子牛市は大幅下…
  6. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  7. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  8. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP