政治・経済

ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後継機 県議会総務委

13日に開かれた県議会総務委員会の地域振興部審査で、県は離島航空路線の維持・確保について、オリエンタルエアブリッジ(ORC)が新機種ATR42‐600型機(48人乗り)を2機体制で運航する計画が正式に示された。令和4年度から1機約23億円の同機2機を導入し、約12億円かけてパイロットを養成。5年度後半から1機目、7年度から2機体制の運航を目指す。総額約68億円の導入費用は、国からの補助金25億円を活用、ORCが10億円、県が25億円、壱岐・対馬・五島の地元3市が計8億円を負担する。白川博一市長は市議会定例会12月会議中に議会に説明する。

関連記事

  1. 長澤みずきさんを任命 地域おこし協力隊
  2. 第3区代表牛に「かの」号 第12回全国和牛能力共進会
  3. 収穫、木工体験も 観光農園へ準備 片山あじさい園
  4. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  5. 10人以上での会食も容認 10月29日から人数制限解除
  6. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  7. 山本、鵜瀬氏に当選証書付与 国会議員、県議として連携へ 大石知事…
  8. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP