政治・経済

「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞

世界のウイスキーとスピリッツを審査する品評会「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」(同実行委主催、企画・運営ウイスキー文化研究所)の洋酒部門の審査結果が18日に発表され、石田町の重家酒造株式会社(横山雄三代表取締役)のクラフトジン「OMOYA GIN」(47度、500㍉㍑)が金賞を受賞した。

この品評会は、高品質なウイスキーとスピリッツを国内外に知ってもらうことを目的に、2019年から始まり、今年で4回目。規模はアジア最大級という。

実行委ホームページによると、洋酒部門と焼酎部門があり、20年から新設された焼酎部門では、芦辺町の壱岐の蔵酒造の「2千年の夢」が金賞を、「壱岐っ娘25度」と「無一物」がそれぞれ銅賞を、21年には同町の壱岐の華の「海鴉」が銀賞を受賞しているが、本市の酒造会社の製品で洋酒部門の受賞は今回が初めて。

今回の洋酒部門には国内外から519本の出品があり、全国のバーテンダーやメーカーら専門家延べ241人が審査。金賞は(今年は189本)は最高金賞(同23本)に次ぐ賞となっている。

横山代表(54)は「(ジンは)初めての商品で、金賞をいただけて励みになるし、自信になる。もっといい賞が獲れるように、皆さんに喜んでいただけるジンを造っていきたい」と話した。

「OMOYA GIN」は、壱岐麦焼酎をベースに、ジュニパーベリーと壱岐産ユズの皮を漬け込んだクラフトジンで、ユズの爽やかな風味が特徴。価格は500㍉㍑が税込3300円、200㍉㍑が同1650円。

関連記事

  1. 壱岐市転出超過172人 人口移動報告
  2. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選
  3. 「里親の指導は不当ではない」と推察 県離島留学検討委員会が最終報…
  4. 郷ノ浦町坪触の県道一部トンネルに 来年度中完成へ
  5. 「壱岐黄金」収穫 志原地区で収穫祭
  6. 平均価格55万円台に回復 壱岐家畜市場12月子牛市 全国的に 回…
  7. 重家酒造の日本酒など台湾へ進出 「壱岐を知ってもらえるきっかけに…
  8. 大石県知事が本市を行政視察 「壱岐はポテンシャルが高い」 「壱岐…

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP