政治・経済

「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞

世界のウイスキーとスピリッツを審査する品評会「東京ウイスキー&スピリッツコンペティション(TWSC)」(同実行委主催、企画・運営ウイスキー文化研究所)の洋酒部門の審査結果が18日に発表され、石田町の重家酒造株式会社(横山雄三代表取締役)のクラフトジン「OMOYA GIN」(47度、500㍉㍑)が金賞を受賞した。

この品評会は、高品質なウイスキーとスピリッツを国内外に知ってもらうことを目的に、2019年から始まり、今年で4回目。規模はアジア最大級という。

実行委ホームページによると、洋酒部門と焼酎部門があり、20年から新設された焼酎部門では、芦辺町の壱岐の蔵酒造の「2千年の夢」が金賞を、「壱岐っ娘25度」と「無一物」がそれぞれ銅賞を、21年には同町の壱岐の華の「海鴉」が銀賞を受賞しているが、本市の酒造会社の製品で洋酒部門の受賞は今回が初めて。

今回の洋酒部門には国内外から519本の出品があり、全国のバーテンダーやメーカーら専門家延べ241人が審査。金賞は(今年は189本)は最高金賞(同23本)に次ぐ賞となっている。

横山代表(54)は「(ジンは)初めての商品で、金賞をいただけて励みになるし、自信になる。もっといい賞が獲れるように、皆さんに喜んでいただけるジンを造っていきたい」と話した。

「OMOYA GIN」は、壱岐麦焼酎をベースに、ジュニパーベリーと壱岐産ユズの皮を漬け込んだクラフトジンで、ユズの爽やかな風味が特徴。価格は500㍉㍑が税込3300円、200㍉㍑が同1650円。

関連記事

  1. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…
  2. 万歳三唱で祝う 対象者448人市還暦式
  3. 台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1…
  4. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  5. 壱岐地区代表牛14頭を選考 メーン6区は弁慶3産子 7月7日 県…
  6. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  7. 壱岐3蔵が金賞 本年度酒類鑑評会
  8. 県議補選は一騎討ちへ 説明会に2陣営出席

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP