地域情報

小野ヤーナさんに寄付 募金箱設置の一支國研究会

NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀子理事長)は5月23日、ウクライナ避難民への人道支援金2万3941円を、ウクライナ出身で石田町在住の小野ヤーナさん(39)に寄付した。小野さんは自身が理事長を務めるNPO法人「Beautiful World」でウクライナ避難民の支援を行っている。

伊佐藤理事長(62)は昨年、小野さんの講話を聴いた。その時に会場にスライドで映し出されたウクライナの美しい景色が印象に残っていたという。

ロシアの侵攻を受けて破壊されたウクライナの現状に「何か力になることはできないか、同じように感じている人の思いを入れられる場所を作りたい」と、同研究会が運営する原の辻ガイダンスに3月20日から募金箱を置き善意を募っていた。中には、施設内にある射的体験で残ったお小遣いを募金する子どもたちの姿もあったという。義援金の寄付にあわせ、伊佐藤理事長は個人的に蓄えていた未使用のタオルと防寒着も手渡した。

寄付を受け小野さんは「皆様に本当に感謝いたします。皆さんの優しさを感じています」と感謝を述べ、「(ウクライナの人に)夏には壱岐の海で海水浴もしてもらいたい」と本市へ招待したい考えも示した。

募金箱は引き続き、ガイダンス施設内に設置しており、定期的に小野さんに寄付することにしている。

同日現在、小野さんらの支援により大分県別府市に18人、日田市に6人が避難。今後さらに男性2人が避難予定という。小野さんは定期的に別府市に行き、生活支援を行っている。

関連記事

  1. Iki‐Bizが閉所。相談は3年間で2095件。
  2. 8~10月も燃油調整金なし 九州郵船JF、フェリー
  3. 平成29年4月開校を計画 1学年40人の介護福祉士養成学校 学校…
  4. 箱崎地域まちづくり協議会。三島、瀬戸に続き開所式。
  5. 壱岐産食材が家族亭チェーン76店舗に全国展開。ふるさと商社が大型…
  6. 芦辺中はふれあい広場に新設へ 検討委員会が報告書を提出 教育委員…
  7. 光武病院で通常診療再開。新型コロナ封じ込め成功。
  8. しまごと芸術祭スタート 市民絵画・写真展に力作

おすすめ記事

  1. 人命救助の4人に感謝状 救急の日ちなみ消防本部
  2. 藻場のCO2吸収量、クレジットに 三島、渡良周辺で繁茂の海藻約150㌶ Jブルー クレジット
  3. いきっこ留学はシビアな判断を

歴史・自然

PAGE TOP