地域情報

小野ヤーナさんに寄付 募金箱設置の一支國研究会

NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀子理事長)は5月23日、ウクライナ避難民への人道支援金2万3941円を、ウクライナ出身で石田町在住の小野ヤーナさん(39)に寄付した。小野さんは自身が理事長を務めるNPO法人「Beautiful World」でウクライナ避難民の支援を行っている。

伊佐藤理事長(62)は昨年、小野さんの講話を聴いた。その時に会場にスライドで映し出されたウクライナの美しい景色が印象に残っていたという。

ロシアの侵攻を受けて破壊されたウクライナの現状に「何か力になることはできないか、同じように感じている人の思いを入れられる場所を作りたい」と、同研究会が運営する原の辻ガイダンスに3月20日から募金箱を置き善意を募っていた。中には、施設内にある射的体験で残ったお小遣いを募金する子どもたちの姿もあったという。義援金の寄付にあわせ、伊佐藤理事長は個人的に蓄えていた未使用のタオルと防寒着も手渡した。

寄付を受け小野さんは「皆様に本当に感謝いたします。皆さんの優しさを感じています」と感謝を述べ、「(ウクライナの人に)夏には壱岐の海で海水浴もしてもらいたい」と本市へ招待したい考えも示した。

募金箱は引き続き、ガイダンス施設内に設置しており、定期的に小野さんに寄付することにしている。

同日現在、小野さんらの支援により大分県別府市に18人、日田市に6人が避難。今後さらに男性2人が避難予定という。小野さんは定期的に別府市に行き、生活支援を行っている。

関連記事

  1. 初山小が団体戦準優勝。子供自転車県大会
  2. 白川市政4期目スタート。訓示式で職員にげき飛ばす。
  3. 特定外来生物オオフサモ 消防団が除去作業
  4. 旧箱崎中に障害者支援施設 平成29年4月事業開始
  5. 中国から2団体 インバウンド着々
  6. 「30歳の成人式in壱岐の島」 壱岐の現状をディスカッション
  7. トライアル逆参勤交代。首都圏から10人が研修。
  8. 販売実績初の60憶円突破 JA壱岐市総代会

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP