地域情報

小野ヤーナさんに寄付 募金箱設置の一支國研究会

NPO法人一支國研究会(伊佐藤由紀子理事長)は5月23日、ウクライナ避難民への人道支援金2万3941円を、ウクライナ出身で石田町在住の小野ヤーナさん(39)に寄付した。小野さんは自身が理事長を務めるNPO法人「Beautiful World」でウクライナ避難民の支援を行っている。

伊佐藤理事長(62)は昨年、小野さんの講話を聴いた。その時に会場にスライドで映し出されたウクライナの美しい景色が印象に残っていたという。

ロシアの侵攻を受けて破壊されたウクライナの現状に「何か力になることはできないか、同じように感じている人の思いを入れられる場所を作りたい」と、同研究会が運営する原の辻ガイダンスに3月20日から募金箱を置き善意を募っていた。中には、施設内にある射的体験で残ったお小遣いを募金する子どもたちの姿もあったという。義援金の寄付にあわせ、伊佐藤理事長は個人的に蓄えていた未使用のタオルと防寒着も手渡した。

寄付を受け小野さんは「皆様に本当に感謝いたします。皆さんの優しさを感じています」と感謝を述べ、「(ウクライナの人に)夏には壱岐の海で海水浴もしてもらいたい」と本市へ招待したい考えも示した。

募金箱は引き続き、ガイダンス施設内に設置しており、定期的に小野さんに寄付することにしている。

同日現在、小野さんらの支援により大分県別府市に18人、日田市に6人が避難。今後さらに男性2人が避難予定という。小野さんは定期的に別府市に行き、生活支援を行っている。

関連記事

  1. 「ミライon図書館」大村市に5日開館。
  2. 1月ジェットフォイル指定席化。九州郵船が元社員の着服を謝罪。航路…
  3. 猿岩が1日限りライトアップ 観光地の新たな魅力創出
  4. 「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会
  5. 赤ちゃんイルカ誕生 奇跡の出産で命名「ミラク」 壱岐イルカパーク…
  6. 七蔵めぐりに200人 肴は郷土料理
  7. 離島留学生5人を入市式で歓迎 壱岐高校東アジア・中国語コース
  8. 壱岐高放送部が最優秀賞。県献血推進CMコンテスト。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP