政治・経済

平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%

JA壱岐市の定期6月市場が1、2日、壱岐家畜市場で開かれ、平均価格は55万4165円(牝46万7992円、去勢62万8097円)で、前回の4月市場と比べて4万2961円減、前回比92・81%と大きく落ち込んだ。取引成立頭数は654頭で前回から73頭減、販売金額は3億6242万3600円で、前回から7168万7千円の減少となった。
前回の4月市場は2月市場に比べて5万256円増の59万7126円と回復を見せていたが、再び昨年12月市場レベルの55万円台まで下がった。4月市場は例年高値で取引されているため、55万円台は現在の取引相場を示しているものと思われる。
黒毛和牛子牛の取引価格は全国的に低迷しており、5月の全国平均は4月比92%の59万798円。本県では、5月13、14日の五島市場が58万4758円(前回比95%)、18、19日の県南市場が52万8076円(同96%)、21、22日の平戸口中央市場が56万2728円(同101%)だった。
種雄牛別の成績では、鹿児島・上別府種畜場で供用されている若百合(父・百合茂、母の父・安平)の産子が牝、去勢とも最多取引となり、平均価格も牝48万円台、去勢65万円台と高値となり、市場を支えた。

関連記事

  1. いきっこ留学改善を承認 運営委員会で検証続ける 10月1日から …
  2. 山内さん、松本さんが当選 5人立候補の市議補選
  3. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ
  4. 新教育長に山口千樹さん 沼津出身、元壱岐高校校長
  5. ラベルにアスパラ繊維も 壱岐の蔵酒造のジン第2弾
  6. 当初予算案241億9千万円 昨年度から8・0%の大幅増
  7. 日本郵便と協働体制構築を締結 社員1人を2年間本市に派遣
  8. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP