政治・経済

本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が 議長務める

長崎県市長会議(会長・田上富久長崎市長)が19日、壱岐の島ホール中ホールで開かれ、議会対応のため欠席した雲仙市長を除く12市の首長が出席。新型コロナウイルス感染症対策に関する提言など国への提言13件(65項目)、県への提言11件(57項目)の計24件(重複を除き86項目)をいずれも原案通り承認した。本市で県市長会が開かれたのは2009年8月、15年4月に続いて7年ぶり3回目となった。他に本市では11年に九州市長会、19年に九州地方知事会を開催している。一行は会議後、非公開で環境省との意見交換を実施、続いて白川博一市長の案内で市内のSDGs取り組み事業所などの行政視察を行い、散会した。

関連記事

  1. 「イルカパーク水質に問題なし」 飼育環境などを市議に説明
  2. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  3. 国への情報提供今期見送り 防衛省レーダーに影響あり
  4. 新型機到着、7月から運航開始へ ORC導入のATR42‐600型…
  5. 一般会計当初予算238億6500万円 市長選控え骨格予算で1・3…
  6. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  7. 2議案を可決 市議会予算特別委
  8. 今季初のインフルエンザ感染者 コロナとの同時流行を懸念 県内の第…

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP