政治・経済

本市で3度目の県市長会議 国、県への提言24件を承認 白川市長が 議長務める

長崎県市長会議(会長・田上富久長崎市長)が19日、壱岐の島ホール中ホールで開かれ、議会対応のため欠席した雲仙市長を除く12市の首長が出席。新型コロナウイルス感染症対策に関する提言など国への提言13件(65項目)、県への提言11件(57項目)の計24件(重複を除き86項目)をいずれも原案通り承認した。本市で県市長会が開かれたのは2009年8月、15年4月に続いて7年ぶり3回目となった。他に本市では11年に九州市長会、19年に九州地方知事会を開催している。一行は会議後、非公開で環境省との意見交換を実施、続いて白川博一市長の案内で市内のSDGs取り組み事業所などの行政視察を行い、散会した。

関連記事

  1. 壱岐市転出超過172人 人口移動報告
  2. 天然サザエでクラムチャウダー 若宮水産が品評会ダブル受賞
  3. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  4. 人面石クッキーに新味 夏季限定ミネラル5選
  5. アスパラ3億円突破 中村知事も祝福に来島
  6. 万歳三唱で祝う 対象者448人市還暦式
  7. 3選出馬表明を持ち越す 白川博一市長
  8. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP