文化・芸術

守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

6月22日に一支国博物館でコンサート「景色の見える音楽会」を開く音楽家・守時タツミさんが5月29日、オンライン取材で、3年連続5回目の壱岐公演への意気込みを語った。
守時さんは日本各地を訪れ、波の音、小鳥のさえずりなど、その土地で聞こえてくる音を収録。その時に見た風景とその場で感じた思いを曲にする「MOTTAINAI SOUND」プロジェクトを2007年からスタート。これまで9枚のアルバムを発表している。
5枚目のアルバムには、壱岐の神社に吹き抜ける爽やかな潮風とその風景から発想された楽曲「風そよぐ」が収録されている。全国ツアーに壱岐を組み込んでいるのは、天の川酒造の西川幸男社長と若い頃に東京の喫茶店でバイト仲間だったことが縁だった。
今年の一支国博物館でのコンサートは、これまでの屋内から会場を屋上芝生広場に移し、初めて屋外で行われる。守時さんは「同じ曲でもロケーションの違いで、届き方が違ってくる。これまでも神社の境内など屋外でもコンサートをしているが、音楽が鳴り始めると動物が鳴き声を上げたりして、そのミックスがオリジナルサウンドになる楽しさがある。壱岐でもカエルの声や風の音など、どんな音とのミックスになるのか楽しみにしている」。
現在もコンサートツアー中で、壱岐は9か所目となる。「これまで録音やコンサートで100か所以上を訪れて、78曲を制作してきた。単に景色だけでなく、そこで出会った人とのつながり、人の営みも曲の中に盛り込んできた。『風そよぐ』も壱岐の人の温かさを盛り込んだつもりだ。行ったことがない場所の曲であっても、その景色や人の営みを目を閉じて想像しながらコンサートを楽しんでもらいたい」と話した。

関連記事

  1. 豊永琴音さん(初山2年)の版画が知事賞 8万5605人から子ども…
  2. 和太鼓集団「風舞組」が30周年 記念公演に約4百人が来場
  3. 版画部門で野川さんに知事賞 第69回子ども県展表彰式 副知事らが…
  4. 壱岐実行委が設立 R7ながさきピース文化祭
  5. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など14曲披露
  6. 約7時間の奉納 壱岐大大神楽奉納
  7. 文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクー…
  8. 「猫のダヤンとアベコベアの月」展 9月10日まで一支国博物館で開…

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP