文化・芸術

壱岐大大神楽勇壮に 住吉神社で奉納

壱岐大大神楽奉納が12月20日、芦辺町、住吉神社(松本弘宮司)で行われ、市民や観光客が熱心に見入った。
壱岐神楽は、国の重要無形民俗文化財に指定され、神楽舞も演奏も神職によって伝承されている。大大神楽は、壱岐神楽の中でも最も厳粛なもので、奉納は午後2時過ぎから休憩をはさみ、同8時過ぎまで約7時間に及んだ。
独特な赤い面を着けて舞う「猿田彦」の演目では、市民らはカメラを片手に熱心に写真に収めていた。
奉納後、同神社の松本宮司は参拝客らに「来る年がまた良い年でありますように御祈念申し上げます」と述べた。

関連記事

  1. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  2. 60年の歴史に幕 壱岐「島の科学」研究会が解散
  3. 文科大臣賞に横山さん(郷中3年) JA全中 作文・図画コンクー…
  4. 子ども県展で野川大輝さんが知事賞 本市から6人が特別賞に入賞
  5. 壱岐の魅力 新たな視点で 応募作品を展示「島の写真展」
  6. 写真で石文化を紹介 壱岐巡りの会 山内会長
  7. カワヨシノボリ「壱岐佐賀型」求めて 大村高理科部が来島調査
  8. 宮中献穀へ「播種祭」 今年は郷ノ浦町で栽培

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP