文化・芸術

宮中献穀へ「播種祭」 今年は郷ノ浦町で栽培

秋の宮中行事「新嘗祭」に献上する米の「播種祭」が郷ノ浦町庄触、牧永護さん(75)方であった。宮中献穀事業は毎年県内で選ばれ、本市が選ばれるのは平成22年ぶり。
播種祭では、耕作者の牧永さんや宮中献穀壱岐市奉賛会会長の白川博一市長らが出席。神事で播種の儀を行い、関係者で苗代に種を撒いた。今後は4月に「お田植祭」を開き、約7㌃で栽培される。

関連記事

  1. テレQアナウンスコンテストに出場 壱岐高2年、松本文香さん
  2. 松永安左エ門記念館建て替えへ 令和9年度以降の開館を目指す 西鉄…
  3. 27、29日にNHK長崎で放送 市民が提案する壱岐の魅力
  4. 8月19日 壱岐の島ホールで無料コンサート 15歳の歌手、東亜樹…
  5. 壱岐から初参加へ AIG高校生外交官に名倉真矢さん
  6. 壱州荒海太鼓部が2曲披露 壱岐イヴェールマルシェ
  7. 出迎え・見送りでおもてなし オレンジレンジライブ歓迎委員会
  8. 鬼は外!福は内! 博物館で子どもたちが豆まき

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP