文化・芸術

宮中献穀へ「播種祭」 今年は郷ノ浦町で栽培

秋の宮中行事「新嘗祭」に献上する米の「播種祭」が郷ノ浦町庄触、牧永護さん(75)方であった。宮中献穀事業は毎年県内で選ばれ、本市が選ばれるのは平成22年ぶり。
播種祭では、耕作者の牧永さんや宮中献穀壱岐市奉賛会会長の白川博一市長らが出席。神事で播種の儀を行い、関係者で苗代に種を撒いた。今後は4月に「お田植祭」を開き、約7㌃で栽培される。

関連記事

  1. 昭和~平成の記憶辿る 勝本地区公民館で写真展
  2. 4年ぶりに開催 津神社壱岐国牛まつり
  3. 写真で石文化を紹介 壱岐巡りの会 山内会長
  4. 昔ながらの正月あそび ガイダンスで子どもたちが体験
  5. 工事風景力作ずらり 土木の日で県建協壱岐支部
  6. 松永安左エ門記念館建て替えへ 令和9年度以降の開館を目指す 西鉄…
  7. クロサワ映画で日本に興味 国際交流員、クラークさんに辞令
  8. 練習の成果披露 壱岐商高ウィンターコンサート

おすすめ記事

  1. 自然農法のアイガモを放鳥 原の辻さなぶりの祭り
  2. 壱岐警察署で初イベント 白バイ試乗、音楽隊演奏
  3. 筒城浜の景観保全 筒城小児童らが除草

歴史・自然

PAGE TOP