地域情報

ウクライナ避難者受け入れ支援表明 小野ヤーナさんらが市に協力要請 市営住宅提供へ

ウクライナ出身で石田町在住の小野ヤーナさん(39)と夫の一馬さん(35)は3月30日、市役所で白川博一市長と面談し、ロシアの軍事侵攻に伴うウクライナ人の避難について、受け入れ体制の協力を求めた。これを受け市は4日、人道的観点から避難民の住居提供などの支援を行う意向があることを表明。今後、政府などからの要請に応じて、市営住宅を当面の住居として提供し、民間企業などからの協力を得ながら避難者の住居を確保するほか、国などからの支援情報の速やかな提供と支援や避難者受け入れに民間団体等と連携して対応、避難民の困りごとに応じた対応を随時検討する。

関連記事

  1. 全国大会向け練習終盤 壱岐商壱州荒海太鼓部
  2. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  3. 発掘速報展が開幕 リアルタイムに展示
  4. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  5. 原の辻古代米刈り入れ祭 子どもたちが石包丁体験
  6. 猿岩と一体でPR。福山雅治さん動画。
  7. 九郵への要望総括 市航路対策協議会
  8. 8~10月は燃油サーチャージ無料へ 博多フェリー往復(2等)は3…

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP