地域情報

ウクライナ避難者受け入れ支援表明 小野ヤーナさんらが市に協力要請 市営住宅提供へ

ウクライナ出身で石田町在住の小野ヤーナさん(39)と夫の一馬さん(35)は3月30日、市役所で白川博一市長と面談し、ロシアの軍事侵攻に伴うウクライナ人の避難について、受け入れ体制の協力を求めた。これを受け市は4日、人道的観点から避難民の住居提供などの支援を行う意向があることを表明。今後、政府などからの要請に応じて、市営住宅を当面の住居として提供し、民間企業などからの協力を得ながら避難者の住居を確保するほか、国などからの支援情報の速やかな提供と支援や避難者受け入れに民間団体等と連携して対応、避難民の困りごとに応じた対応を随時検討する。

関連記事

  1. 伝統文化で日韓交流 壱岐高で芸術鑑賞会
  2. 郷ノ浦中が銅賞 県北吹奏楽コンクール
  3. 県壱岐病院5周年式典。向原、米城両氏に感謝状。
  4. 大学進学率は13市中5番目 27年度学校基本調査
  5. 「九州探検隊」アンバサダー。博多大丸と認定証締結。
  6. 鼓笛隊セット贈呈式 郷ノ浦幼稚園
  7. 気仙町で“復耕”支援 壱岐活き応援隊
  8. 壱岐高校生徒が成果発表。SDGs地域連携フォーラム

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP