地域情報

沼津で大量の空き缶不法投棄 植樹したばかりの桜近くに

沼津まちづくり協議会(竹富寛会長)などが植樹した桜の苗の近くに16日、大量の空き缶・ビンが不法投棄されているのが見つかった。同まち協は1月30日に旧沼津中学校グラウンドなどに百本の桜の苗を植樹。不法投棄が見つかった長峰本村触の県道沿いの雑種地には、そのうち8本を植えていた。

午前7時頃、近くを通りかかった人から連絡を受けた公民館長が壱岐署に通報し、同日に現場検証が行われた。

同まち協の濱田翼集落支援員(29)は「空き缶などは50本ほどで、道路上から桜に向かって投げ入れられたようだ。前日夕方に公民館で花の苗を植える作業をしていたので、投げ入れられたのは15日夕方から16日早朝にかけてと考えられる。1~2本ならポイ捨てと思えるが、これだけ大量に、しかもごみステーションに出せば回収してくれる空き缶を不法投棄するというのは、意図的な嫌がらせに感じられる。せっかく街をきれいにしようとみんなで取り組んでいるのに、本当に残念な行為だ」と肩を落としていた。

関連記事

  1. 気仙町で“復耕”支援 壱岐活き応援隊
  2. 一支国王都復元公園周回駅伝
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦
  4. 6市場連続の歴代最高 平均価格69万6577円
  5. 壱岐初のゲストハウス今春オープン ネット資金調達で134万円超え…
  6. 安全運用願い祈願祭。屈折はしご付消防ポンプ車。
  7. 遂にイノシシ捕獲!! 芦辺で90㌔のメス
  8. ワクチン集団接種が開始。初日60人、2日目114人。1日180人…

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP