政治・経済

「市政に心血を注ぎ責任果たす」 白川市長が辞職を否定

10日に開かれた市議会定例会2月会議で、白川博一市長は、市発注公共工事の入札から市内の土木業者を恣意的に排除したとして市に約3百万円の賠償を命じた長崎地裁判決が確定したことに関して報告を行い、市民に陳謝。その上で市長としての責任の取り方について「刑事的責任は不起訴となっており、問われていない。民事責任は賠償金の支払いをすべて終えており法的責任はない。道義的責任については、市政に混乱を招いたことに関して、3月会議でしかるべき議案を提出する。政治的責任に関しては、辞職するのではなく、市政に心血を注ぐことによってその責任を果たしていく」と残りの任期を全うする考えを示した。

この決断に関して一部議員から「選挙の相手方を応援したことで指名入札から排除したことは民主主義の根幹に関わる重大なこと。職を汚した『汚職』だ。辞職を強く求める」「市民の信託を受けるのが筋ではないか」「不名誉が全国に知れ渡る。恥ずかしい。辞任に値する」など厳しい意見が出たが、白川市長は「反省すべきは反省する。ご意見はいろいろあるが、私の気持ちは伝えた通りだ」と辞職する考えがないことを改めて強調した。

白川市長は裁判の経緯、結果などについて、市ケーブルテレビ、広報いきなどで市民に報告する。

関連記事

  1. たわわに実り初収穫 壱岐王様バナナ
  2. 眞鍋副市長を再任 2期目、任期は4年
  3. RE水素システム壱岐病院に応用 市が計画、R8年導入目指す 熱と…
  4. 国への情報提供今期見送り 防衛省レーダーに影響あり
  5. 雲一つない初日の出 博物館に観望客百人
  6. 「OMOYA GIN」 品評会洋酒部門で金賞
  7. ラベルにアスパラ繊維も 壱岐の蔵酒造のジン第2弾
  8. 2議案を可決 市議会予算特別委

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP