スポーツ

壱岐高生徒も参加 北京五輪応援プロジェクト

きょう4日開幕の冬季北京オリンピックに向け、中国駐長崎総領事館が企画した応援プロジェクトに壱岐高校の中国語コースの3年生も参加した。

プロジェクトは中国駐長崎総領事館が企画。「BEIJING2022オリンピック・パラリンピック大会応援プロジェクト」と題して、長崎各界から「喜びの出会い」を募り、写真をYouTubeで公開している。

壱岐高生徒は「オンラインでの喜びの出会い」とプラカードに示し、「毎年中国の上海外国語大学へ語学研修に行っていましたが、この2年間、新型コロナ感染症の影響で行くことができていません。しかし、今年は杭州外国語学校の皆さんとオンラインで交流し、友情を深めることができています。私たちのこのささやかな活動が、きっと日中友好に貢献していると信じています」などと笑顔を添えてメッセージを送っている。

関連記事

  1. 県商工会青年部連合会・新会長に山川忠久さん
  2. 玄海酒造TC決勝進出ならず 全日本綱引選手権大会
  3. 郷ノ浦は予選敗退 九州中学相撲競技
  4. シード校相手に大健闘 悔いなき両校ナイン
  5. 長島に漂着遺体 ズボンのタグにハングル表示
  6. 新共乾施設が完成 総工費は5億円超
  7. 壱岐-諫早 壱岐商-口加 高校野球選手権大会
  8. 盈科が県大会優勝。堀幸一杯学童軟式野球大会

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP