スポーツ

島のひと「努力してなんぼ」国見高校サッカー部主将 郷ノ浦町出身 日髙希星(きら)さん(18)

全国高校サッカー選手権で優勝6回を誇る伝統校、国見高校(雲仙市)3年でサッカー部の主将を務める。

物心ついたころからサッカーボールで遊んでいた。盈科小2年から壱岐少年サッカークラブに所属。6年生の時、県大会で長崎南山中サッカー部の監督から誘いを受け、夏休みに同校の練習に参加。サッカーのレベルが高く「上(の世界)を見られると思った」。春には同校を受験し、親元を離れて本格的にサッカーの道に進んだ。

南山中ではキーパー以外の全てのポジションをこなし経験を積んだ。高校への道は、小学生の頃、壱岐に仕事で赴任中だった国見高サッカー部OBと知り合っていた縁で声を掛けてもらい、さらに一歩、上のステージへ進んだ。

国見高に入った時、サッカー部にはA~C(現在はDまで)の3クラスのチームがあった。1年ではBチーム、2年の新人戦でAチームとしてピッチに立った。

そして3年の夏、「一か八か、お前に託す」。監督から主将に指名され、部員104人を引っ張る存在になった。

その半年ほど前、九州新人戦を控えた練習中に左足の小指を骨折し、一線から離れていた。だが、心は折れていなかった。「できることから手伝ってチームのために」。裏方からチームを支え、その努力がコーチ陣の目に留まっていた。その九州新人戦では目標だった14年ぶりの優勝を飾ることができた。

2年の頃、練習や試合の中で先輩の良いところも悪いところも見てきた。「もっと改善できるところがあるのではないか」。主将として、先輩ができていなかったミーティングを開き、練習1時間前にはひとり部室を掃除した。

昨年11月の選手権前にも右足をけがしたが、「自分が弱いところを見せるのは良くない。落ち込む時間はない。少しでもチームのプラスになるように声を出した」。いつもチームを優先に考えた。「自分は天才ではないので、誰よりも努力して〝なんぼ〟だと思っています」。常に前を向いている。

壱岐の子どもたちには「一つの目標に向かうと壁が出てくる。壁を超えるためには努力を続けることが大切。ほかのスポーツでも勉強も同じ。島の外を見て吸収することで自分の向上に繋がると思う」と経験を踏まえアドバイス。

すでに東海学園大学(名古屋市)への進学を決めており、さらにサッカーの道を進む。

「多くの人に支えていただいたので、ぶれずに頑張り、結果で恩返ししたい」と意気込む。尊敬する選手は国見高の先輩で、現在コンサドーレ札幌のJリーガー、中島大嘉選手。いつも自身に言い聞かせていることは「遊んでいる暇があったらサッカーしろ」。

関連記事

  1. 男女ともに3連覇達成 男子・郷ノ浦A、女子・芦辺A 市中体連 駅…
  2. 壱岐は島そのものが宝物 白川博一市長新春インタビュー
  3. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  4. 500人が壱岐路を疾走。サイクルフェスティバル
  5. タウンミーティングで意見交換 V・ファーレンが地域活動検討
  6. 野村、長岡が出場権獲得。ジュニアオリンピック陸上
  7. 女子勝本が後半に逆転。男子石田は9年ぶり優勝。市中体連 駅伝大会…
  8. 芦辺に3万平方㍍の土地取得 日韓トンネルフォーラム

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP