政治・経済

雲一つない初日の出 博物館に観望客百人

一支国博物館屋上芝生広場、展望室で1日、新年恒例の初日の出観望会が行われた。新型コロナの第6波が全国的に拡大しているため、島外からの初日の出観望ツアー客は昨年に続いていなかったが、地元住民や帰省客約百人が集まった。

例年、この時期は雲がかかることが多く、稜線からの初日の出を観望するのは難しかったが、今年はほぼ快晴。午前7時25分に東側稜線から太陽が顔を出し、約3分後には完全に姿を見せた。集まった観客からは歓声が上がり、スマホで撮影する人も多く見られた。手を合わせて1年の安泰を祈願する姿もあった。

博物館のスタッフは「昨年は雲が厚くまったく観られなかった。一昨年は美しい初日の出が観望できたが、今年ほど稜線に雲がなかったのは初めてかもしれない。今年こそ良い事が起きる予感がする」と感慨深げな表情を浮かべた。

関連記事

  1. 壱岐3蔵が金賞 本年度酒類鑑評会
  2. 焼酎で本県をPR 「長崎の変」壱岐の蔵酒造
  3. 炭酸割りで楽しむ「イキボール」 玄海酒造が新発売
  4. 勝本湾を一望 日本酒樽で水風呂も LAMP壱岐にサウナオープ…
  5. 壱岐上空遊覧を満喫 ORC創立60周年記念
  6. ATR42型2機の導入計画 総額68億円、5年度運航へ ORC後…
  7. 等身大パネルでお出迎え 長崎市出身、長濱ねるさん
  8. 壱岐の華「初代嘉助」「海鴉」 品評会で金賞

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP