文化・芸術

約7時間の奉納 壱岐大大神楽奉納

壱岐大大神楽奉納が12月20日、芦辺町、住吉神社(松本弘宮司)で行われ、観光ツアー客や市民らが参拝。熱心に見入り、カメラに収めるなどしていた。
神楽舞も演奏もすべて神職によって伝承される壱岐神楽は、国の重要無形民俗文化財に指定されている。中でも大大神楽は、壱岐神楽の中でも最も厳粛なもので、午後2時過ぎから休憩をはさみ8時過ぎまで奉納は約7時間に及んだ。
昨年、東京から移住してきた芦辺町在住の中島左貴さん(69)は、移住前から毎年参拝している。「わずか2畳のスペースで4人が舞い、相当稽古していると思う。演奏も全て神職が行う伝統芸能で素晴らしい。もっと多くの人に見てもらいたい」と話した。

関連記事

  1. 県総文祭で優秀賞 デザイン部門で壱岐高2年、安永七海さん 歩きス…
  2. 大輪に歓声、出店も復活 壱岐の島夜空の祭典
  3. しゃぼん玉ショーに歓声 一支国博物館でGWイベント
  4. 串山ミルメ浦遺跡 元は海 原の辻ガイダンス発掘速報展
  5. 石田納涼夏祭りが廃止 半世紀以上の伝統行事
  6. テレQアナウンスコンテストに出場 壱岐高2年、松本文香さん
  7. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー
  8. 60年の歴史に幕 壱岐「島の科学」研究会が解散

おすすめ記事

  1. 元軍の「石弾」を展示 元寇750年 県埋文センター
  2. 詐欺被害と予兆多発、注意! 県内上半期被害70件
  3. 守時タツミコンサート 「風そよぐ」など13曲を披露

歴史・自然

PAGE TOP