地域情報

弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松永安左エ門翁 生家の金庫

石田町出身の偉人、松永安左エ門翁(1875~1971年)の生家にある金庫2つが開錠され、その1つの松永家の金庫から、松永翁直筆の手紙や契約書など数十点が見つかった。中には弟で旧石田村長だった英太郎に送った直筆の手紙もあり、松永翁の当時の人柄が垣間見ることができる。市によると、金庫はいずれも50年以上開かれていなかった。開錠の様子は1日のテレビ東京系「所さんのそこんトコロ」で「日本の電力王の金庫からお宝」と題して放送(収録は8月)された。

関連記事

  1. 石棺墓からゴホウラ製貝輪。弥生時代初期に南方との交流か。聖母宮西…
  2. 郷ノ浦中吹奏楽部生徒が入賞。まつうら音楽コンクール
  3. 40周年記念コンサート コール・リーベ女声合唱団
  4. アイガモ放鳥 さなぶりの祭り
  5. ふるさと納税約3億円。8年ぶりに前年度比減。
  6. 遊漁者の魚突き「やす」の規定明記 トラブル増で県漁業調整規則一部…
  7. 前向きな話題が多い1年。2017年十大ニュース
  8. 驚愕の平均価格8・9%増。アフターコロナ見えた子牛市場。2年4か…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP