地域情報

弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松永安左エ門翁 生家の金庫

石田町出身の偉人、松永安左エ門翁(1875~1971年)の生家にある金庫2つが開錠され、その1つの松永家の金庫から、松永翁直筆の手紙や契約書など数十点が見つかった。中には弟で旧石田村長だった英太郎に送った直筆の手紙もあり、松永翁の当時の人柄が垣間見ることができる。市によると、金庫はいずれも50年以上開かれていなかった。開錠の様子は1日のテレビ東京系「所さんのそこんトコロ」で「日本の電力王の金庫からお宝」と題して放送(収録は8月)された。

関連記事

  1. 長島に漂着遺体 ズボンのタグにハングル表示
  2. 市内で新規感染者3人判明。経済回復策を発表した直後。行政検査31…
  3. 1~3月期15・3%減。壱岐ブロック宿泊動向。
  4. 育ドル娘が歌・踊り披露 原の辻ガイダンス収穫祭
  5. 芦辺港のピアノ鮮やかに 画家 コガワ健太さんがペイント
  6. 松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞
  7. 特別企画展「イキものがたり」 コウノトリから河童まで60点
  8. イルカパークがリニューアル。カフェスペースでパンケーキも!島民は…

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP