地域情報

弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松永安左エ門翁 生家の金庫

石田町出身の偉人、松永安左エ門翁(1875~1971年)の生家にある金庫2つが開錠され、その1つの松永家の金庫から、松永翁直筆の手紙や契約書など数十点が見つかった。中には弟で旧石田村長だった英太郎に送った直筆の手紙もあり、松永翁の当時の人柄が垣間見ることができる。市によると、金庫はいずれも50年以上開かれていなかった。開錠の様子は1日のテレビ東京系「所さんのそこんトコロ」で「日本の電力王の金庫からお宝」と題して放送(収録は8月)された。

関連記事

  1. 離島航路の旅客は半減 九州運輸局が20年度実績発表
  2. 栽培漁業に新たな可能性
  3. 芦辺地区第1分団 驚異の218点(ポンプ車) 郷ノ浦地区第7分団…
  4. 福岡市が博多駅~博多港間のロープウェー計画断念。本市の観光誘客に…
  5. レオパレス21壱岐コールセンターが24人求人 26、27日にセミ…
  6. 壱岐産米をPR 一声運動スタート
  7. プレミアム商品券再度発行へ。6月会議上程議案を発表。
  8. 松田脩生さんは全国優勝 中国語コンテスト壱岐高6人入賞

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP