地域情報

新市議16人が決まる 新人森さんがトップ当選 壱岐市議会 議員選挙

任期満了に伴う第5回市議会議員一般選挙は1日に投開票され、立候補者21人(現職14人、新人7人)から16人(現職12人、新人4人)が当選した。任期は8月7日から4年。新議員の政党別内訳は自民4、公明1、共産1、無所属10人。地域別内訳は郷ノ浦6、芦辺5、勝本3、石田2人。投票率は75・41%(男75・22%、女75・59%)で、前回を1・81ポイント下回り、壱岐市議選では過去最低となった。期日前投票は6519人で、前回の5987人を532人上回った。選挙当日の有権者数は市選管調べで2万1532人(男1万181、女1万1351)だった。

関連記事

  1. 5百羽のツル大群が飛来 春告げる北帰行が本格化
  2. 平均価格が4万6千円増 巻き返し傾向の子牛市場
  3. 市長リコール署名必要数届かず。『署名数は6603筆』。市民団体 …
  4. 1年2組、2年3組が優勝。校内百人一首大会
  5. 1~3月期8・3%減 長崎県観光動向調査壱岐ブロック
  6. 小山陽人さんが最優秀。税に関する絵はがき。
  7. 壱岐焼酎で乾杯イベント。1日午後7時1分一斉に。
  8. LED3千個で白沙八幡神社をライトアップ。大大神楽とのジョイント…

おすすめ記事

  1. 壱岐市がグランプリ受賞 脱炭素チャレンジカップ
  2. 弥生人の生活伝える石製品 原の辻ガイダンスで企画展
  3. 市の総合計画って何? 策定前に市民有志が勉強会

歴史・自然

PAGE TOP