地域情報

大阪で壱岐をPR。プレミアムマルシェ

壱岐を関西圏でPRする「実りの島・壱岐プレミアムマルシェ」(市ふるさと商社主催)が5月18~20日、JR大阪駅大阪ステーションシティ2階アトリウム広場で開かれた。

オープニングセレモニーでは白川博一市長が壱州豆腐を片手に壱岐の豊富な食材と観光をPR。旬のアスパラガスをはじめ、干物、銘菓、ブランド卵、壱岐焼酎などが並べられた会場には、オープン前から行列ができ、試飲・試食をしながら買い物をする来場者であふれた。人気の品は午前中には品切れになるほどの盛況ぶりだった。

空くじなしのガラポン抽選会では1万円相当の壱岐牛ステーキなどが当たり、会場の巨大スクリーンには壱岐の風景、食材などが映し出され、5月からスタートしたJR西日本の「新幹線で、壱岐に行きたい!」キャンペーンをにらんだ壱岐観光を大いにPRした。

同マルシェは関西壱岐の会も全面的に協力。会員にチラシを配布し、齋藤肇会長ら多くの会員が知人を連れて来場した。同会の岩谷良機事務局長は「壱岐から来たスタッフと情報交換などをして、楽しく過ごすことができた。売り切れが出たことはありがたいことだが、午後2時には何もなかったとのクレームもあり、今後の対応を検討してもらいたい」と話した。

関連記事

  1. ICTを活用して見守り。いきいきあんしんネットワーク
  2. 4会場で敬老会 70歳以上7598人
  3. ATR機導入を検討。ORC日野社長が言及。
  4. 湯ノ本温泉・平山旅館が日本秘湯を守る会に加盟
  5. 芦辺中学校工事遅延問題、市長・教育長の給与減額。
  6. 真邊慰霊碑を参拝 芦辺小全校児童
  7. JA壱岐市初の独自加工商品。壱岐牛シリーズ7品目を販売。
  8. 「夢はその時々で変わっていく」 Vファーレン・小柳さんが授業

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP