地域情報

辰ノ島がランクダウン 海水浴場水質調査

県は8日、本年度海水浴場水質(遊泳前)調査結果を発表した。
調査対象海水浴場23か所のうち、壱岐市は4か所。筒城浜、大浜、錦浜の3か所はいずれも「ふん便性大腸菌群数(個/100㍉㍑)が2個未満(未検出)、COD(化学的酸素要求量、㍉㌘/㍑)1・0~1・2、透明度(㍍)1以上で、昨年に引き続き「AA」ランクだった。
筒城浜とともに「快水浴場百選」に選ばれている辰ノ島は、ふん便性大腸菌群数が2個検出されたため、「AA」から「A」にランクダウンした。
県環境政策課は「辰ノ島はぎりぎりでAランクとなったが、遊泳にはまったく問題ない」としている。
昨夏の4海水浴場の利用者数は、筒城浜と辰ノ島が各5千人減の1万6千人と4千人、大浜と錦浜が各4千人減の3千人と5千人で、悪天候と冷夏の影響で大きな落ち込みとなった。今年はいずれも7月17日頃に海開きを予定しているが、福岡管区気象台5月25日に発表した九州北部3か月予想で、7月は「平年に比べ曇りや雨の日が多い」、8月は「平年に比べ晴れの日が少ない」となっており、今年もやや不安な海水浴シーズンの突入となりそうだ。

 

関連記事

  1. 『文様の美展』開幕。一支国博物館特別企画展
  2. サイクルフェスタ 671人が申し込み
  3. 「差別黙認は加害者と同じ」 フリーアナ 藪本さんが講演
  4. 犬、猫の殺処分ゼロ目指し 有志が団体設立
  5. 壱岐は波佐見に敗退 NHK杯高校野球
  6. カエルの生態学ぶ。“カエル先生”松尾教授。
  7. 利用客が40万人達成 ORC長崎~壱岐線
  8. 2167人が走り初め 第29回壱岐の島新春マラソン 田中が大会新…

おすすめ記事

  1. 「言論の自由」が暴走してはならない
  2. 2議案を可決 市議会予算特別委
  3. 髙野颯波が甲子園デビュー 社相手に2回零封の好救援

歴史・自然

PAGE TOP