地域情報

消費者庁長官賞を受賞。「食べてほしーる。」。

消費者庁は12月18日、食品ロス削減推進大賞の受賞者として内閣府特命担当大臣賞1点、消費者庁長官賞3点、審査委員会委員長賞5点を発表。消費者庁長官賞に、壱岐高校の生徒を中心にしたチーム「それいいね!!」が考案した「食べてほしーる。」が選出された。表彰式は3月1日に同庁で予定している。

「食べてほしーる。」はイノベーションサマープログラム2019に参加した同チーム(8人)が、スーパーマーケットでの食品ロス削減のため、廃棄期限の迫った食品の購入を促すシールを考案。昨年1月にはスーパーバリューイチヤマで2週間検証を実施し、シールを貼った2千点の商品を販売。「賞味期限短い方買ったがいいっちゃない?」と書かれた手作りポスターも掲示した。店側はシールを貼った商品を購入するとポイントを付与することも決め、その後も取り組みを継続していることで、食品ロス削減を実現した。

関連記事

  1. 230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク
  2. 空路存続の機運高める。離島航空路線活性化シンポジウム
  3. 去勢は平均百万円を突破。トータルも歴代最高を更新。壱岐家畜市場 …
  4. 成人の誓い新たに。市成人式199人出席。
  5. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会
  6. 色とりどりの「さつき展」芦辺町文化協会盆栽部 
  7. 台風11号が対馬海峡を通過 壱岐空港で最大瞬間風速35・0㍍ 1…
  8. 一部史料を展示替え 一支国博物館・壱岐名勝図誌展

おすすめ記事

  1. 壱岐にほしいものは? こども選挙委員がワークショップ
  2. 廃棄される焼酎粕、ユズ皮を商品に 生徒たちがアイデア発表 SDGs対話会
  3. 11人が市長特別表彰を受賞 芸術・文化・技能・スポーツで功績 男子ソフトの4人 県選抜で全国優勝

歴史・自然

PAGE TOP