地域情報

「壱岐のこころ」が受賞。長崎県福祉のまちづくり賞。

県は5月25日、「本年度県福祉のまちづくり賞」(県福祉のまちづくり協議会主催)の受賞者を発表。施設等部門(公共的施設)で特別養護老人ホーム壱岐のこころを運営する社会福祉法人壱心会と設計した有限会社睦設計コンサルタントが受賞した。

同賞は高齢者、障害者などをはじめ、すべての人が自らの意思で自由に行動し、あらゆる分野の活動に参加できる福祉のまちづくりを県民全体で目指し、この取り組みを一層進めることを目的としている。施設等部門はすべての人が安全かつ快適に利用できるよう配慮されていることが対象となっている。

「壱岐のこころ」の受賞理由として「『木の良さ』を生かし、入所者の終の住家として居心地の良い内部空間を作ることに配慮され、開かれた図書ギャラリーや地域交流スペースを備えた地域社会との交流にも比重を置いた施設となっており、利用者配慮と地域への貢献度が評価された」と発表された。

同施設は2019年3月に旧鯨伏小跡地に建設。特養ホームとしては九州最大規模の木造建築で、多床室40床、ショートステイ20床、ユニット型個室60床などを設けている。

関連記事

  1. 筒城浜で海開き神事 海水浴の安全を願う
  2. 福岡工大吹奏楽団 9/5に特別演奏会
  3. 国境離島新法50億円交付金創設 事業費ベースで100億円超え
  4. 「弟」 勝本中学校3年 中原 杏
  5. 海難防止を呼び掛ける 2人が一日海上保安官
  6. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ
  7. 山本さん家族に知事賞 ながさき農林業大賞
  8. 気仙町で“復耕”支援 壱岐活き応援隊

おすすめ記事

  1. クロカン&トレイル練習会 沼津・小牧崎公園で初開催
  2. 路線バス初山線が運行休止 送る会で運転手に花束贈呈
  3. 訪日客急増の流れに乗る対策を

歴史・自然

PAGE TOP