地域情報

国内初?馬形の青銅製品。原の辻遺跡から出土。

原の辻遺跡から本市では初となる馬の形をした青銅製品が出土していたことがわかった。2日の原の辻遺跡調査指導委員会で、市教委文化財班の松見裕二学芸員が委員に説明した。大きさは長さ約3・7㌢、高さ約3・25㌢、重さは34・6㌘。頭と尾の部分は破損した状態で見つかり、発見時、本体周囲にもなかった。4本の脚があり、たてがみのような形も見られることから馬を模したものと考えられている。

中心に鉄の芯、X線で判明

関連記事

  1. 勇壮な海曳き、里曳き 壱岐市御柱祭に9百人参加
  2. 九州オープン綱引6連覇。壱岐玄海酒造TC
  3. 団員に3つの誓い。交通少年団入団式
  4. 空路存続の機運高める。離島航空路線活性化シンポジウム
  5. インターネット速度改善へ。通信施設整備に3300万円計上。市議会…
  6. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  7. 九州郵船に要望書提出 座席指定化など10項目
  8. 壱岐署に新警備艇 最高速度40ノット

おすすめ記事

  1. 長岡美桜さん(壱岐高2年)が最優秀賞 県高校総体ポスター図案に採用 自身が取り組む やり投げの図案
  2. ワカメ大きく育って 三島小児童が養殖体験
  3. 政治家・候補の立看板撤去を

歴史・自然

PAGE TOP