地域情報

今年初めてO157が発生

壱岐保健所は1日、市内で腸管出血性大腸菌感染症O157の発生があったと発表した。
同保健所によると、74歳の男性が5月25日に腹痛、水溶性下痢、血便の症状を発症。27日に病院で診察を受け、1日に検便からO157型ベロ毒素が検出された。男性は快方に向かっている。
O157は市内で昨年18人、一昨年は21人が発症しており、今年は初めて。腸管出血性大腸菌感染症全体では今年4人目となった。

 

関連記事

  1. 朝来市が壱岐牛提供 ふるさと納税
  2. 17日間の中国語研修から帰国 壱岐高東アジア・中国語コース14人…
  3. 教育誌「ちゃぐりん」を寄贈 JA壱岐市が島内全小学校に
  4. エヴァンゲリオン×焼酎 壱岐の島オリジナルラベル
  5. 水素貯蔵の実証実験に着手。約2千万円で調査・設計業務。
  6. メダリストも 筒城に案山子ずらり
  7. 片山触歴史読本。立石さんが発刊。
  8. 高校卒業生に任命 スキ・スキ応援隊

おすすめ記事

  1. 筒城浜で心身を鍛錬 剛柔流空手道合同寒稽古
  2. 第10回壱州祭が29日まで開催 高校生による文化芸術祭
  3. 初の定期演奏会開く 市消防音楽隊ハミングバーズ

歴史・自然

PAGE TOP