地域情報

86人が出場、優勝は76㌢。第2回壱岐の島タイラバ大会。

壱岐釣り船協会(永村弘一会長)主催の第2回壱岐の島タイラバ大会が11月29日、壱岐島近海であり、参加者が大鯛を目指して海に繰り出した。

大会には遠くからは山梨や大阪からも含め86人(うち7割が島外者)が出場。早朝から同協会所属の遊漁船17隻に乗り込み、昼過ぎまで1匹の長さで勝敗を競った。タイラバは主に鉛製の玉にラバー製の部品を組み合わせたタイ釣りに特化したルアーの一種で、出場者はそれぞれ好みの色や形のタイラバで狙った。

第十八神洸丸(船長・永村会長、19㌧)には男女10人が乗り込み、郷ノ浦~石田沖までの海域を狙った。北西の季節風のため、少々波がある状況だったが、タイのほか、キジハタやアヤメカサゴの“高級魚”も釣れ、船上に笑顔が広がった。

35㌢ほどのタイを釣った福岡市の自営業、井上誠人さん(53)は飲み仲間ら2人と参加。釣り歴15年だが、初めてタイを釣り上げた。「壱岐の海は博多とは全く違い、釣り好きにはたまらない。機会があったら再チャレンジしたい」と話した。

優勝は76㌢を釣り上げた石田町のサービス業、前田賢吾さん(36)。釣り歴20年で、今回のタイは自己記録を更新するものだった。「まぐれです。釣れた時には大喜びしました。また優勝できるよう頑張りたい」と喜びを語った。前田さんには壱岐牛2万円分と壱岐焼酎が贈られた。また、同大会には約30社が協賛し、参加賞として釣具や壱岐焼酎、旅館の宿泊券などが全員に贈られた。

ほかの結果は次の通り。(敬称略)
▽②斉藤光70・5㌢③藤井一人60㌢▽女性の部①井上美咲40㌢

キジハタを釣り上げ笑顔の女性参加者

関連記事

  1. ゲンジボタル見頃迎える 緑の光、各所で乱舞
  2. お宝通り命名 お宝地蔵大祭
  3. 給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。
  4. 国内初の地上炉跡発掘 勝本・カラカミ遺跡
  5. オリーブたわわに実る。収穫体験楽しむ。
  6. アスパラ生産にIT導入。SDGsは壱岐の未来予想図。自動運転車ド…
  7. ソメイヨシノが満開
  8. 風舞組が休館前最後の演奏。勝本・西部開発総合センター。

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP