地域情報

86人が出場、優勝は76㌢。第2回壱岐の島タイラバ大会。

壱岐釣り船協会(永村弘一会長)主催の第2回壱岐の島タイラバ大会が11月29日、壱岐島近海であり、参加者が大鯛を目指して海に繰り出した。

大会には遠くからは山梨や大阪からも含め86人(うち7割が島外者)が出場。早朝から同協会所属の遊漁船17隻に乗り込み、昼過ぎまで1匹の長さで勝敗を競った。タイラバは主に鉛製の玉にラバー製の部品を組み合わせたタイ釣りに特化したルアーの一種で、出場者はそれぞれ好みの色や形のタイラバで狙った。

第十八神洸丸(船長・永村会長、19㌧)には男女10人が乗り込み、郷ノ浦~石田沖までの海域を狙った。北西の季節風のため、少々波がある状況だったが、タイのほか、キジハタやアヤメカサゴの“高級魚”も釣れ、船上に笑顔が広がった。

35㌢ほどのタイを釣った福岡市の自営業、井上誠人さん(53)は飲み仲間ら2人と参加。釣り歴15年だが、初めてタイを釣り上げた。「壱岐の海は博多とは全く違い、釣り好きにはたまらない。機会があったら再チャレンジしたい」と話した。

優勝は76㌢を釣り上げた石田町のサービス業、前田賢吾さん(36)。釣り歴20年で、今回のタイは自己記録を更新するものだった。「まぐれです。釣れた時には大喜びしました。また優勝できるよう頑張りたい」と喜びを語った。前田さんには壱岐牛2万円分と壱岐焼酎が贈られた。また、同大会には約30社が協賛し、参加賞として釣具や壱岐焼酎、旅館の宿泊券などが全員に贈られた。

ほかの結果は次の通り。(敬称略)
▽②斉藤光70・5㌢③藤井一人60㌢▽女性の部①井上美咲40㌢

キジハタを釣り上げ笑顔の女性参加者

関連記事

  1. Iki‐Bizが閉所。相談は3年間で2095件。
  2. 仮装パレードに笑い 勝本港まつり
  3. オリジナル切手販売 粋な島「壱岐」
  4. 男岳山の石猿群を描く。劇団子未来座・壱岐
  5. ウクライナ支援金を寄付 九電、九電工両労組
  6. 初日に約1割を販売 壱岐市プレミアム商品券
  7. 消防車が一斉放水 各地区で消防出初式
  8. 小島神社周辺などを清掃 内海湾振興会、氏子ら60人

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP