地域情報

鎌崎で3匹発見。ヒョウモンダコに注意!。

5日、郷ノ浦町、鎌崎の防波堤で猛毒を持つヒョウモンダコが3匹見つかった。県壱岐市振興局水産課の壱岐水産業普及指導センターは見つけても触らないよう注意を呼び掛けている。

同センターによると同日、釣り人が岸壁にカニを見つけ、タモですくおうとしたらヒョウモンダコが3匹おり、そのうち2匹が入った。見つかったタコは体長3㌢ほどで、通常の10㌢程度のものと比べ小型だった。刺激すると青いリング模様が表れるのが特徴。唾液にフグ毒と同じテトロドトキシンが含まれ、噛まれたり食べると最悪の場合死亡することもある。噛まれたら吸い出さず洗い流し、病院を受診するよう呼びかけられている。

関連記事

  1. GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。
  2. 「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会
  3. GW乗船客95・3%減少。九州郵船・博多‐壱岐航路。
  4. 災害危険箇所を調査 ―避難誘導を再確認―
  5. 壱岐税務署からのお知らせ
  6. 生涯活躍のまち構想。指針・実施計画策定委員会が報告。
  7. 若手医師育成施設 市民病院に併設
  8. 九州郵船に要望書提出 座席指定化など10項目

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP