地域情報

アジャ・コングら熱戦。「元気プロレス」。

「元気プロレス」(株式会社ダイコーZERO1主催)が11日、筒城浜ふれあいセンターであり、260人の市民らが来場。特設リングで熱い戦いが繰り広げられた。

試合は、30分一本勝負で6試合あり、最終試合でのメインイベントでは、プロレスラーで同社取締役の大谷晋二郎選手と壱岐初上陸のアジャ・コング選手がタッグを組んだマッチがあった。

試合前に市から大谷選手に麦焼酎が贈られ、相手から「凶器になるだろ!」と言われるも「大切な物なんだよ!」と返す一幕もあり、会場を沸かせた。
試合は冒頭、大谷選手が2人攻撃を受けるなど防戦を強いられたが、子どもたちの「大谷!大谷!」という声援を受け「負けるもんか!」と攻撃に転じ、アジャ・コング選手のパイプ椅子や一斗缶を使った“反則技”も加勢し22分40秒におよんだ試合に勝利。この日一番の盛り上がりをみせた。

試合後、大谷選手はリング上から「コロナで大変な世の中で毎日戦っていると思う。一緒に頑張りましょう」、アジャ・コング選手は「熱い声援が力になりました。心の強い、優しい大人になってください」と呼びかけた。

小学生の息子2人と観戦したプロレスファンの介護福祉士、畑津和男さん(38)は「息子は強い男は弱い者いじめしない、人を守れるということを感じたと思う。また開催してほしい」と興奮気味に話した。

大会を前にプロレス教室もあり、子どもたちはスクワットや腕立て伏せのやり方を学んだ。指導した北村彰基選手は「夢を持った人を応援できる優しい人になってほしい」と子どもたちに伝えた。

スクワットを習う子どもたち

関連記事

  1. 松下翔紀が高校日本一。2019年十大ニュース
  2. ICTモデル事業 三島地区でスタート
  3. 専門学校で開校式。留学生も入学予定。
  4. 4日から選挙戦スタート。30日投開票 壱岐市議選
  5. 「温かい受け入れに感謝」 ウクライナ避難民のヴィクトリアさん
  6. 65の体験メニューを再構築 料金・時間・内容を見直し 壱岐島ごっ…
  7. 補助金等検討委設置へ。市議会定例会4月会議。
  8. 島内企業情報誌 中高2年生に配布

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP