地域情報

プレミアム商品券第2弾も完売。島民宿泊・バスツアーも上限間近。

市が1日から発行を開始した「壱岐市プレミアム商品券第2弾」が15日、予定していた4万5千セット、3億1500万円分を完売した。

5月7日から発行されたプレミアム率60%の第1弾5千セット、4千万円分は実質6日間で完売したため、第2弾は当初の予定を1か月前倒しして販売を開始した。

第2弾はプレミアム率が40%に下がり、発行枚数も9倍になったが、チケット7千円分のうち5千円分は市内の飲食店・小売店などで制限なく使用できることになったため、実質11日間で売り切れる高い人気となった。使用期限は12月31日までとなっている。

新型コロナウイルスにより今年2~4月に前年同月比で売上高が20%以上減少した市内の飲食店・宿泊業者に30~100万円を給付する市飲食店・宿泊施設等事業継続支援金は、12日までに189社に対して6818万円の給付が行われている。

市民が島内のホテル・旅館などに宿泊すると半額の補助がある島民限定宿泊キャンペーンは、12日までに1191人が宿泊。7月31日までに1760人の予約があり、計2951人が宿泊する。当初の予定は2千人の宿泊だったが、県の宿泊割引制度が実施されたことで、併用による市予算分の使用が削減がされたため、3千人程度の宿泊が可能となった。だがすでに予算の上限に達する勢いのため、市はキャンペーン期間の終了を当初の7月31日から「6月30日までに予約受付を完了した7月31日までの宿泊分」と変更した。

島民が千円で貸し切りバスを利用できる島民限定バスツアーキャンペーンは、12日までに44台、694人が利用。8月31日までの予約は119台、1932人で、計163台2626人の利用が決まっている。予算は170~180台分の2125万円となっており、予算が上限に達した段階で、新規の受付を終了する。

市民が島内宿泊施設、バス会社を支援する取り組みに対して、予想以上の市民の反響の大きさに、白川博一市長は「ご理解、ご協力を賜り、深く感謝する」と述べた。

関連記事

  1. 専門学校で開校式。留学生も入学予定。
  2. 「壱岐のほとけさま」展示。一支国博物館特別企画展
  3. 芦辺小にピアノ寄贈 作詞家松坂さん遺族
  4. 17日間の中国語研修から帰国 壱岐高東アジア・中国語コース14人…
  5. メダリストも 筒城に案山子ずらり
  6. 自衛隊艦艇での避難は中止 玄海原発事故想定防災訓練
  7. 玄海原発再稼動に反対決議。市議会が全会一致で可決。3号機は23日…
  8. 今年も水質AA 市内の4海水浴場

おすすめ記事

  1. 市議会の配信を再度見直しては
  2. オーガニックで社会課題解決へ 経営者が脱炭素の取り組み視察
  3. 元日本代表 櫻井さんと冨士田さん 田河小などでバレーボール教室

歴史・自然

PAGE TOP