地域情報

今年度百歳到達者は10人。総理、知事から祝状贈呈。

壱岐振興局は18、19日、市内で今年度百歳を迎える大正7年4月1日から8年3月31日生まれの10人(男2、女8)を大﨑義郎振興局長が訪問し、内閣総理大臣と県知事からの祝状と記念品を贈った。

芦辺町の藤本ミワさん(99、1月13日生まれ)は、介護老人保健施設壱岐(勝本町)での贈呈式に出席。安倍晋三総理、中村法道県知事からの祝状、銀杯などを贈られると「たいしたことはしとらんのに」と照れくさそうな笑顔を見せた。大﨑局長から「歌がお好きだそうですね」と聞かれると、しっかりとした音程で「上を向いて歩こう」を3回も熱唱するサービスぶり。大﨑局長は「しみじみと、良い歌ですねえ」と拍手した。

長男の藤本光義さん(71)は「足を悪くして、リハビリの時に下を向いていたら、先生から『上を向いていないと』と励まされて、それからずっと歌っているそうです」と優しく母親を見つめた。光義さんは「父が牛飼いだったので、母もずっと牛の世話をしながら6人の子どもを育てた働き者ものだった。私が小さい頃は、箱崎江角触の自宅から瀬戸まで、母に手を引かれて野菜を売りに行き、帰りに土産を買ってもらうのが楽しみだった。母は尋常高等小学校の時からずっとリレーの選手で足が速かったそうで、運動神経が良かった。ゲートボールは90歳くらいまでやっていた。その体力と、くよくよしない性格が長生きの秘訣なのでは」と話した。

関連記事

  1. 住民の魅力を取材。「壱州人辞典」協力隊が企画。
  2. 松本泰晟さんが全国2冠 中国語コンテストで壱岐高勢大活躍
  3. 議会でタブレット活用 ユーストリーム配信も
  4. 29日まで1日1往復。ORC壱岐~長崎路線。
  5. ハイジャック訓練実施 6機関が連携を確認
  6. 「海の駅・湯がっぱ」開設へ 湯本・おさかなセンターを改装
  7. 新船ダイヤモンドいきが就航。印通寺~唐津東航路
  8. ハヤブサも発見 イキハク野鳥観察会

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP