地域情報

「封じ込めができた」。本市の感染がひと区切り。

白川博一市長は20日に開かれた市緊急経済対策会議で、1~5日に5例が集中して発生した本市の新型コロナウイルス感染に関して「封じ込めができた」との見解を示した。
4月1日に判明の本市2例目の女性(30歳代)は2度のPCR検査で陰性となり、4月18日に退院した。3~6例目の4人はいずれも入院中だが、状態は安定している。また2~6例目の濃厚接触者で陰性だった計66人はすべて、陽性者との接触から2週間が経過して健康状態に変化がなく、健康観察を17日までに終了した。
白川市長は「緊急事態宣言が全都道府県に拡大され、福岡県でも感染者が増加している状況から、本市が終息宣言を出すことはまだできないが、ひと区切りがついたという思いだ」と話した。
壱岐保健所は、介護認定で面談した2~5例目の4人のうち「最初に発症したのは3月24日初発の90歳代女性と思われるが、感染経路の特定はできなかった」と話した。

関連記事

  1. 壱岐高放送部「生命線」。県献血推進CMコン最優秀。
  2. 1500の願い奉納。八坂神社にキャンドル。
  3. 草合さんに緑十字金章 多年にわたり交通安全活動
  4. イルカのパルフェが死亡
  5. 壱岐焼酎飲み比べも。森の図書室壱岐島店オープン。
  6. 壱岐市長選は三つ巴の見込み 4月3日告示、10日投開票
  7. 中小企業庁が重家酒造選定。はばたく中小企業300社
  8. 母校壱岐高で中国語教える。上海大3年、百﨑さん非常勤講師に。

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP