地域情報

四季菜館が新装オープン。店舗面積が3倍に拡大。

JA壱岐市の「アグリプラザ四季菜館」が11日、JA壱岐市本所駐車場だった郷ノ浦町東触560番地に新装オープンした。
木造平屋建て412・5平方㍍とこれまでの店舗(約142平方㍍)から3倍程度広くなり、約100台分の駐車スペースを確保した。総事業費は約8673万円で、このうち約7124万円分が国の離島活性化交付金の壱岐産品流通拠点施設整備事業(2分の1補助)の対象事業となった。
竣工式でJA壱岐市・川﨑裕司組合長は「四季菜館は開館から15年が経過し、これまで新鮮野菜の販売などの役割を担ってきたが、店舗、駐車場が手狭になってきたことで建て替えた。野菜・牛肉、加工品に加え、Aコープ商品なども扱い他の小売店と差別化を図るとともに、島内外への流通の拠点施設として効率化、地域経済の発展を図っていく。大型バスが駐車できるスペースがあるので、『道の駅』のような観光客誘致にもつなげていきたい」と期待を込めた。
オープン初日には壱岐牛試食会、赤飯配布、ゆず部会の新商品(国産原材料にこだわったゆべし、マーマレード、ゆずじゅれなど)試食・無料配布などのイベントが実施されたこともあり、午前10時の開店前から約300人が行列を作る盛況ぶり。11日だけで1100人の利用客が押し寄せた。
営業時間は午前7時半から午後6時。正月以外は年中無休。

関連記事

  1. 20年ぶりの大雪。水道管破裂で漏水多発。
  2. 230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク
  3. ORCに業務改善勧告。不適切整備で約百便運航。8月5日までに報告…
  4. 原島、長島分校で閉校式 4月から大島本校に統合 三島 小学校
  5. 芦辺地区まちづくり協議会設立 魅力と活気あふれる地区目指す
  6. 初代メンバーが1日限り復活。風舞組25周年記念公演。
  7. 勝本小近くで道路陥没。芦辺で観測史上最大降水量。
  8. 壱岐5島が盛り込まれる 国境離島新法要綱

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP