地域情報

「鎮魂と復興に祈りを込める」郷ノ浦で24年ぶり花火大会。

壱岐の夏の名物・花火大会が11、13、14、15日に郷ノ浦、勝本、石田、芦辺で開催され、市民や帰省客らが夜空を彩る大輪の花を観賞した。郷ノ浦は「LIGHT UP NIPPON IKI ISLAND」の名称で、「東北を、日本を、花火で、元気に。」をスローガンに、東日本大震災被災地をはじめ今年は全国23か所で同時に、鎮魂と復興に祈りを込めて実施された。

壱岐では弁天崎公園から約千発が打ち上げられ、郷ノ浦港フェリーターミナルに併設されたイベント会場を中心に、郷ノ浦港新岸壁、元居公園、岳の辻などから約3千人が観賞した。イベント会場ではワックスボウル、竹あかりのワークショップと展示、ダンスチームによるステージなども行われた。郷ノ浦で花火大会が行われたのは、平成6年の郷ノ浦大橋開通記念イベント以来24年ぶりで、実行委員会は来年以降も継続して実施する意向を示している。

15日は郷ノ浦のフェリーみしま発着所で郷ノ浦地区精霊流し保存会主催の第6回精霊流しも行われ、盆を迎えた故人や先祖を偲んでもやい船が供えられ、思い思いの文字を書き入れて火を灯した紙灯籠が、次々に郷ノ浦港に流された。

関連記事

  1. ORCに業務改善勧告。不適切整備で約百便運航。8月5日までに報告…
  2. 7人が市内就職!第1期生14人が巣立つ。こころ医療福祉専門学校壱…
  3. 光のショーを堪能 立石仲触で蛍鑑賞会
  4. 郷ノ浦は65人出席 自治公民館長会議
  5. 旅の思い出に 有志が芦辺港にピアノ設置
  6. 壱岐署玄関に門松寄贈 綿井さんと盈科小交通少年団
  7. 「リスクなき事業提案を」Iki‐Biz森センター長が会見。
  8. マグロ漁を2か月間自主規制 壱岐・対馬漁師が資源確保に決断

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP