地域情報

児童が一般質問 盈科小模擬議会

 

盈科小学校児童の社会科学習の一環として議会見学と模擬議会が10日、市議会議場で行われ、6年生60人が参加した。
議会事務局職員から議会の概要説明を受けた後、児童は議員、市職員、傍聴人役に分かれて、10人の議員役が「交付税の減額について」「議長の役割は」「市の年間観光客数と消費額」など市政に関する一般質問を行い、市担当者役は議会事務局が用意した答弁を読み上げた。
また質問コーナーでは「学級会をまとめるのは難しいですが、議会はどうですか」「議員をやっていて良かったと思うことは何ですか」など子どもらしい疑問が次々に出され、町田正一議長、鵜瀬和博副議長らが「まとめるのは、最後は多数決。それが民主主義です。市長が提案したものでも、良くないと思ったら否決します」「議会で決めたことが皆さんの笑顔につながった時に、良かったと思います」などと回答した。
寺崎七海さんは「難しいことが多かったですが、教育・福祉に大きなお金が掛かっていることを知り、感謝しなければいけないと思いました」と話した。

 

関連記事

  1. 市中体連は開催が決定。6月6日に球技・剣道。
  2. 第1期生14人が入学(インド・ネパール留学生8人)。こころ医療福…
  3. 壱岐市教職員人事
  4. 勝本が熱戦を制す ライオンズ少年野球
  5. 女子100㌔は東さんが優勝。女子出場選手初の10時間切り。第3回…
  6. 壱岐JrがリレーB決勝7位。全国小学生陸上競技交流大会
  7. 原島診療所が開所 2次離島の無医地区解消 光武新人医師が 毎週木…
  8. 「安全に『絶対』はない」玄海原発説明会に市民は困惑。質問相次ぎ、…

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP