地域情報

児童が一般質問 盈科小模擬議会

子ども議会(市政について真剣な論議)

盈科小学校児童の社会科学習の一環として議会見学と模擬議会が10日、市議会議場で行われ、6年生60人が参加した。
議会事務局職員から議会の概要説明を受けた後、児童は議員、市職員、傍聴人役に分かれて、10人の議員役が「交付税の減額について」「議長の役割は」「市の年間観光客数と消費額」など市政に関する一般質問を行い、市担当者役は議会事務局が用意した答弁を読み上げた。
また質問コーナーでは「学級会をまとめるのは難しいですが、議会はどうですか」「議員をやっていて良かったと思うことは何ですか」など子どもらしい疑問が次々に出され、町田正一議長、鵜瀬和博副議長らが「まとめるのは、最後は多数決。それが民主主義です。市長が提案したものでも、良くないと思ったら否決します」「議会で決めたことが皆さんの笑顔につながった時に、良かったと思います」などと回答した。
寺崎七海さんは「難しいことが多かったですが、教育・福祉に大きなお金が掛かっていることを知り、感謝しなければいけないと思いました」と話した。

 

関連記事

  1. 3機関が連携を宣言 いざ本番、ごっとり市場
  2. 筒城浜で花嫁姿撮影 香港から招致活動
  3. 外務省から人材支援が決定 副市長か幹部職員で2年間常勤 国の地方…
  4. 3部門とも本市児童が最優秀。県読書感想文コンクール
  5. ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。
  6. 超人たちが壱岐路を疾走。第4回壱岐ウルトラマラソン
  7. タウンミーティングで意見交換 V・ファーレンが地域活動検討
  8. あまごころ壱場が閉店。従業員「ありがとうございました」。

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP