地域情報

5百羽のツル大群が飛来 春告げる北帰行が本格化

三寒四温の移ろいやすい気候が続いている本市だが、春の訪れが確実に近付いていることを示すように、北帰行のマナヅル、ナベヅルの群れが羽休めに本市の田園地帯に降り立っている。このほど約5百羽の大群が、原の辻遺跡周辺で観察された。
越冬地の鹿児島県出水市を飛び立った大集団の一部と思われる。本市で一夜を過ごす集団も多いが、この集団は2時間程度の休息後、再び北へ向けて飛び立った。
出水市からの北帰行は、例年、3月中旬から下旬まで続く。今年は暖冬のためか例年よりも北帰行時期が早まっているが、出水市では1月10日に過去最高の1万7千羽が観測されており、今後も本市への飛来が続きそうだ。
日本野鳥の会などは、休息しているツルを驚かせないように、見学する際には近づかないようにすることを呼び掛けている。

 

関連記事

  1. ゴミから環境考える。塩津浜でボランツーリズム。
  2. 焼酎イベント相次ぎ開催 ごっとりまつりに190人
  3. 木桶の蓋から古文書。明治の生活色濃く。重家酒造。
  4. 庁舎建設を断念 白川市長が表明
  5. 男児救出の2人と1団体表彰。1トンの石板をジャッキアップ。壱岐市…
  6. 住民参加で避難訓練 石田町山崎触で土砂災害想定
  7. 泥だらけでも笑顔と白い歯 霞翠小どろリンピック
  8. 壱岐市民に支援を呼び掛け ウクライナ出身の小野ヤーナさん

おすすめ記事

  1. 初の日曜開催で賑わう 育児サークルが「おゆずり会」
  2. 平均価格55万4165円 6月市場は前回比92.8%
  3. 石田さん、下條さんに辞令 地域おこし協力隊

歴史・自然

PAGE TOP