地域情報

壱岐から鎮魂の灯。ワックスボウル点灯。

壱岐子ども劇場は11日、2011年の東日本大震災で被害に遭った東北の人たちに希望の灯火を灯し続けるため、失われた多くの命を鎮魂し、また震災の悲劇を壱岐の人たちも忘れないようにするため、同劇場の子どもたち20人が参加して、郷ノ浦町の佐賀里の階段に手作りのワックスボウルやランプ計100個を並べて点灯式を行い、被災地へ祈りを捧げた。
毎年3月11日に行っており、今年で5回目。同劇場の武原由里子さんは「今回参加した子どもたちは、震災のことを知らなかったり、当時はまだ生まれていなかった子もいる。その子たちがこのようなイベントに参加することで、震災の悲劇を語り継いでいくことが重要」と話した。

関連記事

  1. 弟宛の直筆手紙など発見 50年以上ぶりに開錠、貴重史料数十点 松…
  2. 焼酎ひろばに400人 35種を利き酒
  3. 凧づくりに30人参加 絵具で塗り絵
  4. 第3次市総合計画案を答申。タイトルは「壱岐、誇り」。
  5. 島内企業情報誌 中高2年生に配布
  6. ランドセルカバー。商工会青年部が贈呈。
  7. なぜサソリが!? 実はそっくりの〝モドキ〟
  8. 市役所仕事始め式 白川市長が訓示

おすすめ記事

  1. 坪触のトンネル工事現場見学 「土木の日」子どもら招待
  2. 海域のサンゴ礁を調査 「変化なく安定している」 国立環境 研究所など
  3. 日本初の無垢製材現し4階 見学会開く 睦モクヨンビル

歴史・自然

PAGE TOP