地域情報

「夢を実現させて恩返しする」 本市両高校で計210人が卒業

 県立高校の卒業式が1日に開かれ、壱岐高校は122人、壱岐商業高校は88人の卒業生が卒業証書を手に学び舎を後にした。
そのうち壱岐高校では、式辞で桑原鉄次校長が壱岐出身の事業家、松永安左エ門翁が残した「人生は常に結論が出ない。つまり、人生は行動する存在であり、終始行動している以上、結論があるわけがない」という言葉を贈り、「目を未来に向け、新しいもの、未知なるものに憧れ、志を抱き、勇気をもって挑戦してください。人生という冒険を大いに楽しんでほしい」と卒業生の背中を押した。
卒業生代表答辞では松尾百笑さんが、18年間の人生と高校生活を振り返り、先生には「どんなに厳しく指導されても先生方は絶対に味方だと思えたから頑張って来られた。これからの人生で立ち止まった時、先生方の言葉、思いが私たちを見守り強くしてくれると思う」、家族には「私がここまで来られたのは、たくさんの愛情を注いで育ててくれた家族のおかげ、卒業を前にやっと気づくことができた。今度は私が夢を実現させて恩返しするけん、これからもよろしくね」と涙を浮かべながら伝えた。
 また、最後には日本のロックバンド・スピッツの「空も飛べるはず」を独唱し、「君と出会った奇跡がこの胸にあふれてる、きっと今は自由に空も飛べるはず。夢を濡らした涙が海原へ流れたらずっとそばで笑っていてほしい」の歌詞を歌にのせて感謝の気持ちを表すと、体育館に拍手が響いた。

関連記事

  1. 福岡市・九州離島広域連携協議会が発足
  2. コスプレ聖地・壱岐を宣伝。台湾コミックマーケット
  3. 記録的な大雨を観測。国道沿いの斜面が崩落。
  4. 石路遺跡の牛骨は9~10世紀。年代測定で想定200年遡る。島内最…
  5. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」
  6. 山口紗奈さんが最優秀賞。第69回中学生弁論大会
  7. 壱岐の食発表会に80人 林農水相も参加
  8. アジャ・コング初上陸。10月11日元気プロレス。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP