地域情報

酒類鑑評会「初代嘉助」が金賞。創業120周年 壱岐の華。

福岡国税局主催の本年度酒類鑑評会の結果が6日に公表され、本格焼酎の部で、株式会社壱岐の華の長期貯蔵酒「初代嘉助」が金賞を受賞した。本格焼酎の部には福岡、佐賀、長崎3県の38製造場から115点の出品があっていた。

初代嘉助は審査の結果「原料特性が豊かで芳醇な熟成香が感じられ、滑らかな濃醇な味わいがある」と評価された。明治33年創業の同社は今年120周年を迎え、長田浩義代表取締役(60)は「創業者の名前を冠した初代嘉助での受賞で格別の喜びです」とした上で「コロナ禍による飲酒需要の減退など酒類業界には厳しい状況下だが、この受賞を励みにして品質の向上、販売促進に向け精進努力する所存です」とした。

関連記事

  1. 市中体連は開催が決定。6月6日に球技・剣道。
  2. 松嶋さんが海上保安協会会長賞。未来に残そう青い海図画コンクール
  3. お盆帰省は自粛を要望 県内に警戒警報発令
  4. 高校生の文化芸術祭。壱州祭20日まで開催。
  5. 230人が6㌔コースを歩く 第16回原の辻ウォーク
  6. 特殊詐欺を未然に防止。2人に壱岐署長感謝状。
  7. KDDI「しまものラボ」、離島産品の発信サポート。
  8. 幅広い事業者に給付金 最大20万円を県・市が折半

おすすめ記事

  1. 目標は2連覇 県代表に3選手 中学男子ソフト 壱岐ブレイブス
  2. 財政削減に切り込んだ提案を
  3. イエマチに『海の生き物』 勝小児童が壁画に挑戦

歴史・自然

PAGE TOP