地域情報

消防車が一斉放水 各地区で消防出初式

出初式(郷ノ浦大橋へ向けて一切放水) 市消防出初式が6日、文化ホールで行われ、各地区の団員ら約7百人が参加。消防功労者への表彰などが行われた。白川博一市長はあいさつで「本市は玄海原発に近接し、万が一に備えて常に対応を考えておかなければならない」と普段からの心構えを要望した。
式典後、市内4地区で防火パレードや放水演習を実施。郷ノ浦地区は郷ノ浦漁港に消防車20台、三島地区伝統技能部の手押しポンプなどが集結し、海に向かって一斉放水を披露した。

関連記事

  1. 遂にイノシシ捕獲!! 芦辺で90㌔のメス
  2. 小中学校の給食費無料化策を明言 白川市長が子育て改革案
  3. 幻想的な光のショー。ゲンジボタルの乱舞始まる。
  4. IKIな雰囲気 壱岐焼酎ひろば
  5. 運賃低廉化に8337万円。新年度一般会計当初予算案
  6. 野球で勝本中が初の全国切符 東陵中破り第3代表に決定 九州中学校…
  7. 壱岐高放送部がグランプリ NCCふるさとCM大賞
  8. 山口幹雄賞は吉岡博子さん 第58回市美術展覧会

おすすめ記事

  1. ジャガイモ「壱岐黄金」 平人営農組合が収穫祭
  2. 小島神社参道改修の支援募る 田河まち協と氏子会が連携
  3. 守時タツミピアノコンサート 22日 一支国博物館で開催

歴史・自然

PAGE TOP