地域情報

GⅠ優勝戦で2着 ボートレース下條雄太郎

勝本町出身のボートレーサー・下條雄太郎(29)が11~16日に下関で開催された開設61周年記念GⅠ競帝王決定戦に出走。予選4走目から準優勝戦まで4連勝して得点2位で優勝戦に進出した。
2号艇の優勝戦はスタートを0秒13で決めたが、同タイムスタートの1号艇深川真二を1ターンで差し切れなかった。だがその後は、迫る後続を巧みにさばき2着を確保。GⅠ優勝戦で初の連対を果たした。
下條は今季、8月のSGボートレースメモリアル(蒲郡)でSG戦初の優出。4着に入った。続く9月のGⅠウェイキーカップ(多摩川)は予選トップ。準優戦でミスをして優勝戦進出はならなかったが、着実に力をつけてきた。さらに今月4日まで行われたGⅠ大渦大賞IN宮島鳴門開設62周年記念は優出を果たし、優勝戦は6号艇ながら果敢に攻めて3着と、GⅠ、SGの優勝戦常連に成長してきている。
11月はGⅠ宮島チャンピオンカップ、GⅠ児島キングカップと連続してGⅠ出走が予定されており、念願の初GⅠ制覇も近そうだ。

 

関連記事

  1. 箱崎地域まちづくり協議会。三島、瀬戸に続き開所式。
  2. 田河小・神田教諭が受賞。文科大臣優秀教職員表彰。
  3. 幻想的な光のショー ホタルの乱舞が始まる
  4. 10%プレミアム商品券を発行 地域おこし協力隊2人増員 白川市長…
  5. 8~10月は燃油サーチャージ無料へ 博多フェリー往復(2等)は3…
  6. 新年度予算236億4千万円。ほぼ本年度当初並み規模。SDGs関連…
  7. 国内初?馬形の青銅製品。原の辻遺跡から出土。
  8. 下條雄太郎が両高校に寄付「壱岐の高校生に夢の実現を」

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP