地域情報

ヘルパンギーナ流行 ウイルス性咽頭炎

壱岐保健所は9日、第27週(6月29日~7月5日)の感染症速報で、ヘルパンギーナの報告数が22人となったことを発表した。定点当たり11・0で、警報レベルの6・0を超えている。
同病は、発熱と口腔粘膜に現れる水泡性発疹が特徴で、夏季に流行する小児の急性ウイルス咽頭炎。4歳以下の乳児に多く発生し、例年6~7月が患者数のピークとなる。
主な原因であるエンテロウイルスの感染経路は、飛沫感染と患者の便に汚染されたオムツ、下着、器物からの接触感染で、同保健所は「保護者は乳幼児に手洗いを励行させて、感染防止に努めてもらいたい」と注意喚起している。

 

関連記事

  1. 去勢は平均百万円を突破。トータルも歴代最高を更新。壱岐家畜市場 …
  2. 鎌崎で3匹発見。ヒョウモンダコに注意!。
  3. 箱崎地域まちづくり協議会。三島、瀬戸に続き開所式。
  4. 筒城浜で海開き神事 海水浴の安全を願う
  5. 耐震診断で庁舎問題再燃 石田庁舎は大規模改修が必要
  6. 壱岐来島「若者に勇気を」 東京→屋久島 自転車旅の若者2人
  7. 石ころアート制作に140人 片岡朱央講師も発想に感激
  8. 低炭素・水素社会の実現へ。東大先端科学研と連携協定。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP