地域情報

文化ホールが「壱岐の島ホール」に 壱岐の蔵酒造が命名権契約

市が「ネーミングライツ事業」で命名権のスポンサーを募集していた壱岐文化ホールの愛称が「壱岐の島ホール」に決まった。8月1日から使用される。
市が新たな財源確保を目的に、大谷公園ソフトボール専用球場と石田スポーツセンターとともに今年4月からスポンサーを募集。5月末までに壱岐文化ホールに対して焼酎銘柄「壱岐の島」を主力商品とする壱岐の蔵酒造(原田知征社長)1社から申し込みがあり、年間50万円で5年間(平成33年7月31日まで)の契約が6月30日に決まった。
命名権料は施設の維持管理費に充てられる。他の2施設は応募がなく、市は再募集を行う。

 

関連記事

  1. ねんりんピックまで1年 カウントダウンボード設置
  2. 壱岐高放送部がグランプリ NCCふるさとCM大賞
  3. 壱岐逸品 第二十九品『壱岐味鶏の炙り刺し』
  4. 「ホタル鑑賞を観光資源に」清水橋付近で幻想的に乱舞。
  5. 九州オープン綱引6連覇。壱岐玄海酒造TC
  6. 壱岐署に門松寄贈 盈科小交通少年団ら
  7. 大規模災害時に協力 測量設計コンサルタンツ協会
  8. 「命つなげたい」 犬猫保護団体が初の譲渡会

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP