地域情報

販売は計画比107% 第50回JA通常総代会

JA壱岐市(川﨑裕司組合長)の第50回通常総代会が6月26日、壱岐文化ホールで行われ、総代定数500人のうち451人が出席(本人出席364人)し、平成27年度事業計画案など9議案を可決、TPP及び農協改革に関する特別決議を行った。
販売事業の26年度実績は約55億1673万円で、前年度比約1億5千万円増、計画対比107・69%と好調に推移した。
畜産部門は、7千頭早期回復に向けた増頭対策などの取り組みにより、繁殖雌牛頭数の減少は62頭にとどまり、5854頭となった。子牛の平均価格は約58万2千円で、計画より12万2千円の高値販売。販売頭数は4400頭の計画に対し4207頭(95・6%)、販売金額は20億2400万円の計画に対し24億4817万円(121・0%)となった。
農産園芸部門の主食用米は、温暖化に対応し高温耐性のある品種として「にこまる」に加え「つや姫」の普及を進め、つや姫の集荷実績は昨年度より約5千袋(30㌔/袋)3万1049袋となった。
川﨑組合長は「繁殖牛増頭のためにはJAの繁殖支援センターを拡充する必要がある。米作は厳しい経営状況が続いている。国の補助を受けるためには集団化が必要だ。8月21日の全国つや姫サミットを有意義な大会にしたい。今年度は四季菜館、壱番館の整理・拡充が課題となる」などと農業課題について挨拶した。

 

関連記事

  1. 赤ちゃんイルカ「ミラク」が死亡 イルカパークのアイドル
  2. エンヤーマイト!。八幡浦でカズラ曳き。
  3. 新副議長に今西菊乃さん 壱岐市議会で女性初
  4. 男児救出の2人と1団体表彰。1トンの石板をジャッキアップ。壱岐市…
  5. 約3千羽の海鳥の群れ。越冬場所の清石浜。
  6. 竹下紘夢さん壱岐高校進学へ。市長特別表彰で決意語る。
  7. 自治基本条例素案を答申。地域コミュニティづくりに効力、今年度中に…
  8. 白川市長が初登庁 訓示で市職員にげき

おすすめ記事

  1. 玄海町が核のゴミ文献調査受け入れ 篠原市長「到底容認できない」
  2. 個人旅行客の相談窓口を
  3. 原の辻で洪水?車出は政治の拠点? 原の辻復元建物で歴史講座

歴史・自然

PAGE TOP