地域情報

「よみがえった石ころたち展」②=一支国博物館

博物館広告1 博物館広告5 博物館広告7 一支国博物館で7月17日から8月30日まで開催される「よみがえった石ころたち展」。
作者の片岡朱央さん(76)は友禅染の模様師が本職だったが、1977年から石ころアートに取り組み始めた。日本人の和服離れで友禅染の需要も減り、暇な時間に河原を散歩していたところ、ふと拾った石ころが軍靴に見えたのがきっかけ。その2日後には蹴飛ばした石がカニに見え、「カニだ!!」と言ったら子どもたちが集まってきた。
「この石にカニの絵を描いたら、子どもたちはもっと喜ぶに違いない」と、友禅染の特殊な絵具で自然石に彩色を始めた。それから40年、作品は千五百点以上になっている。

関連記事

  1. 備蓄毛布たったの175枚 本市の防災に様々な課題
  2. NCCで百回放送スタート 壱岐高放送部ふるさとCM
  3. ツマアカスズメバチ、新たに1個体捕獲。
  4. 市商工会総代会 新会長に吉田寛氏
  5. アイガモ放鳥 さなぶりの祭り
  6. 県内出土の石製品 オープン収蔵庫で展示
  7. 郷ノ浦図書館移転を協議。交通ビルを含めた再開発計画も。市議会一般…
  8. 壱岐高放送部がグランプリ NCCふるさとCM大賞

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP