地域情報

「よみがえった石ころたち展」②=一支国博物館

博物館広告1 博物館広告5 博物館広告7 一支国博物館で7月17日から8月30日まで開催される「よみがえった石ころたち展」。
作者の片岡朱央さん(76)は友禅染の模様師が本職だったが、1977年から石ころアートに取り組み始めた。日本人の和服離れで友禅染の需要も減り、暇な時間に河原を散歩していたところ、ふと拾った石ころが軍靴に見えたのがきっかけ。その2日後には蹴飛ばした石がカニに見え、「カニだ!!」と言ったら子どもたちが集まってきた。
「この石にカニの絵を描いたら、子どもたちはもっと喜ぶに違いない」と、友禅染の特殊な絵具で自然石に彩色を始めた。それから40年、作品は千五百点以上になっている。

関連記事

  1. 販売は計画比107% 第50回JA通常総代会
  2. 壱岐産品詰め合わせを発送。ふるさと商社は販売重点。
  3. 広瀬組を表彰 振興局優秀工事
  4. フェリー、JFを減便。経営ひっ迫の九州郵船。
  5. スタントマンが自転車事故疑似体験披露
  6. アッパレカレー完成セレモニー 壱岐商生徒が考案、商品化 
  7. 新副議長に今西菊乃さん 壱岐市議会で女性初
  8. 芸術の秋、牧山立誠さん(盈科小5年)が殊勲 応募1580点から最…

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP