地域情報

ゴルフ場恒例の一般開放。令和初日の出は観られず。

異例の10連休となった今年のゴールデンウィークは、前半は天気がぐずつき、4月30日の平成最後の夕陽、5月1日の令和の初日の出観望は雲に覆われて観ることができなかった。「令和初日の出は全国的に曇りだが、九州北部では観られる可能性がある」との天気予報もあり、1日は日の出時間の午前5時半頃に、郷ノ浦大橋、岳の辻展望台、左京鼻などに数人の観望客が日の出を待ったが、太陽の姿は現れなかった。

4月30日で閉店したマルエー生活館は29日から7割引セールとなり、多くの買い物客が訪れた。最終日の30日は、店内の商品がほとんどなくなっていた。GW後半は一転して好天続きとなり、気温も上昇。5日には石田町の壱岐空港測候所で最高気温26・9℃を記録した。

こどもの日の5日は恒例となった壱岐カントリー倶楽部の一般開放が行われ、家族連れが芝生の上にシートを敷いてくつろいだり、カートでコース内を走るなど、広大な緑の中で1日を楽しんだ。1番ホールの急斜面では芝ソリ遊び、ステージでは壱岐高校吹奏楽部、壱岐商業高校壱州荒海太鼓部の演奏などが行われた。3番ホールのグリーン手前にはワイヤーで60尾の鯉のぼりが掲げられた。5日夜はイオン壱岐店横芝生広場で「しまの映画館」が「ボス・ベイビー」を上映。親子連れら約150人が屋外で映画鑑賞を楽しんだ。

関連記事

  1. 渡良小児童ら80人が清掃活動 ツインズ・ビーチ、嫦娥海岸
  2. 野焼きは必ず届け出を!。林野火災多発中。
  3. 市に消費生活センター設置 商取引トラブルに対応
  4. 燃油サーチャージ無料・記者の目
  5. 市庁舎建設の賛否を問う住民投票告示 26日投開票
  6. 今年初めてO157が発生
  7. メダリストも 筒城に案山子ずらり
  8. マグロ漁を2か月間自主規制 壱岐・対馬漁師が資源確保に決断

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP