地域情報

石棺墓からゴホウラ製貝輪。弥生時代初期に南方との交流か。聖母宮西側で 壱岐初。

 勝本町勝本浦の聖母宮の西側で、弥生人が装飾品として使っていたと見られる巻貝を加工した腕輪「ゴホウラ製貝輪」が1点見つかっていたことがわかった。ゴホウラ製貝輪の発見は壱岐、対馬両市で初。
11日、一支国博物館であった壱岐学講座で、昨年度の発掘調査結果を報告した市教委の松見裕二学芸員が発表した。石棺墓の内部の状況、中央にゴホウラ製貝輪が見える

関連記事

  1. キャンドルを陸前高田へ 市ボランティアの集い
  2. こどもセンターの事業充実を。子育てサークル4団体が要望。
  3. 壱岐の食発表会に80人 林農水相も参加
  4. 今月中に運航情報を配信 九州郵船が10要望に回答
  5. 神が舞い・遊ぶ 壱岐大大神楽公演
  6. 壱岐高ヒューマンハート部でSクラブ入会式
  7. 郷ノ浦港からダイビング?
  8. 壱岐焼酎で乾杯イベント。1日午後7時1分一斉に。

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP