地域情報

石棺墓からゴホウラ製貝輪。弥生時代初期に南方との交流か。聖母宮西側で 壱岐初。

 勝本町勝本浦の聖母宮の西側で、弥生人が装飾品として使っていたと見られる巻貝を加工した腕輪「ゴホウラ製貝輪」が1点見つかっていたことがわかった。ゴホウラ製貝輪の発見は壱岐、対馬両市で初。
11日、一支国博物館であった壱岐学講座で、昨年度の発掘調査結果を報告した市教委の松見裕二学芸員が発表した。石棺墓の内部の状況、中央にゴホウラ製貝輪が見える

関連記事

  1. 投票率は63.67%
  2. 一流芸術文化に触れる。劇団四季ミュージカル鑑賞。
  3. 壱岐高離島留学生らが出演。ラジオ「博多熱風塾」公開録音
  4. 命名「はじめ」「あお」 イルカパークのオス2頭
  5. 高校野球代替大会。11日壱岐、12日壱岐商。
  6. テレワークセンターがオープン。原の辻遺跡前に5社がサテライトオフ…
  7. 箱崎地域まちづくり協議会。三島、瀬戸に続き開所式。
  8. 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭

おすすめ記事

  1. プレミアム付き商品券 9日まで4庁舎で販売
  2. 本市が北海道東川町と協定 職員派遣で人口増の秘訣探る
  3. 民生委員・児童委員 90人に委嘱状を伝達

歴史・自然

PAGE TOP