地域情報

5年間で実質13人削減 市定員適正化計画

gyosei市はこのほど、「壱岐市行財政改革『新』定員適正化計画(平成25年度~29年度)」を発表し、平成30年4月1日時点の職員数を400人以下にすることを盛り込んだ。
市職員の定員管理は、国の指針に基づいた集中改革プラン(平成17~22年度)を「第1次定員適正化計画」と位置付け、それよりもさらに高度の目標設定を掲げた「第2次定員適正化計画(平成17~23年度)」により、職員数654人を100人削減する計画を立て、24年4月1日時点で職員数546人と目標をを達成した。
新定員適正化計画は、本庁一本化や支所機能の見直しなどが検討されていく中で、業務の集約化などを図ることにより職員数の適正な管理と人員配置を考察。年齢構成の平準化を図りつつ、計画的・段階的に職員数を削減するため、基本的に退職予定者の7割程度を新規採用する。また「正規職員が直接携わらなければならない業務」以外の業務・職種については、アウトソーシングも視野に入れ、原則として退職不補充とする。市民病院については、長崎県病院企業団への加入を想定し、関係職種から職員数の減員を行う、などと定めた。
この定員適正化計画で、平成29年度末までに、事務職員13人減、技術職員120人減、技労職(調理員)2人減、消防吏員3人減で、計138人の削減を予定している。ただしこのうち125人は市民病院の県病院企業団加入に伴う減員であり、実質的な削減は13人となっている。

関連記事

  1. 上空30㍍から吊り上げ 防災ヘリで救助訓練
  2. 壱岐署に門松寄贈。盈科小交通少年団
  3. 山川静子さんが受賞 食生活改善で感謝状
  4. VファーレンU‐15入部。壱岐SSC・山田大翔さん。
  5. 花満開の壱岐路を満喫 一支国ウォークに614人
  6. 「夢は叶うと信じること」 獣医の沼小卒業生、本多さんが講話
  7. 「壱岐をツルの越冬地に」 日本生態系協会が人工ねぐら計画 出水市…
  8. 漂着ゴミから環境考える 塩津浜でボランツーリズム

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP