地域情報

1500の願い奉納。八坂神社にキャンドル。

市は24日、郷ノ浦町、八坂神社の宵のまつりに合わせ、境内にLEDキャンドル1500個を灯し、新型コロナウイルスの退散を祈願した。

市によると、江戸時代の1737年に壱岐で疫病が流行した際、八坂神社に疫病退散の祈願をしたところ疫病が収まり、このご利益に感謝して山笠を奉納したのが郷ノ浦祇園山笠の起源とされている。今年はコロナ感染防止のため山笠行事は中止となった。

夕暮れを前に午後5時頃にキャンドルが灯されると、境内に幻想的な光景が広がった。キャンドルを入れたカップには子ども山を担ぐ予定だった盈科小学校児童52人と郷ノ浦中学校生徒62人をはじめ、各流の関係者が書いた「コロナ退散」「医療介護の人に感謝」「来年はいつものように唄子太鼓が境内に鳴り響きますように」などの思いが込められ、参拝に訪れた市民や各流の担ぎ手らは、写真を撮るなど見入っていた。

下山流の辻川智啓さん(27)は「正直寂しいが、世界中で感染症が広がり、高齢者が多い壱岐では感染を防ぐためしょうがない。来年は今年できなかった分まで盛り上げたい」と話した。

準備した市観光課の市山恵さん(39)は「総代や元居の方々、各流の協力で実現できた。壱岐の人たちの不安が少しでも和らげば。しばらくしてこんな時期もあったと笑えればいいなと思う」と話した。

関連記事

  1. 山口常光像前で演奏会 陸自大村駐屯地音楽隊
  2. 給食に県産魚。壱岐は7日にマダイ。
  3. 中村知事が滑走路延長に否定的見解。壱岐市から県知事要望。
  4. 芦辺RCと壱岐高校に寄付 ボートレーサー下條さん
  5. 草合さんに緑十字金章 多年にわたり交通安全活動
  6. 生涯学習と伝承 石田野広場で交流
  7. 「うに屋のあまごころ」オープン
  8. 陸上養殖トラフグが壱岐特産品に 低塩分生態環境水で安全安心

おすすめ記事

  1. ジャンボサイコロ大会 柳田保育所児童も参加
  2. 昔の農機具で脱穀体験 古代米づくり収穫祭
  3. 日本最古イエネコ骨、線刻文字土器 「カラカミ遺跡の全貌展」で展示 1月9日まで 一支国博物館

歴史・自然

PAGE TOP