地域情報

幅広い事業者に給付金 最大20万円を県・市が折半

県は17日、2回目となる9月補正予算案を発表。新型コロナ対策に要する経費として「事業継続のための給付金」として7億3900万円を盛り込んだ。

飲食店・遊興施設への営業時間短縮、不要不急の外出・移動自粛の要請などの影響を受けて、売り上げが減少した幅広い県内事業者に対し、県内市町と連携して給付金を支給する。給付額は1事業者最大20万円で、売り上げ減少額を上限とする。負担割合は県と各市町が2分の1ずつとなる。

給付条件は、今年8月または9月の売上高が対前年比、または対前々年比で30%以上、50%未満減少している中小事業者(50%以上減少した事業者は国の月次支援金の対象)で、①時短営業を実施した県内の飲食店等と直接・間接の取引があること、②県内における不要不急の外出・移動自粛による直接的な影響を受けたことのどちらかに当てはまることが必要となる。営業時間短縮要請協力金の給付を受ける事業者は対象外。

市は市議会定例会9月会議の最終本会議(28日)に追加補正の議案を上程し、申請方法などを公表する予定となっている。

関連記事

  1. 小中学生絵画展 小金丸記念館
  2. 燃油調整金が有料加算。九州郵船8~10月期。
  3. ドローン資格取得に挑戦 昨夏合宿の長崎総科大付属高
  4. 百㌔ウルトラマラソンを計画 白川市長行政報告
  5. 小中学校にアジサイ寄贈。郷ノ浦町文化協会盆栽部会。
  6. GCは吉井さん生産「けいこ」。和牛共進会は芦辺が席巻。
  7. 光モノが大好きな大型新人 ケーブルテレビ・田代梓奈さん
  8. 3部門とも本市児童が最優秀。県読書感想文コンクール

おすすめ記事

  1. どれだけ勉強しているかが判断材料
  2. 協力隊員に名子さん、林さん ―海の資源回復担当―
  3. 司馬遼太郎の足跡たどる 一支国博物館がバスツアー

歴史・自然

PAGE TOP